製菓・カフェ・調理の専門校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

コーヒーに合うチョコレート探し☆チョコレート版のテイスティングマップを作ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.12.04東京

授業/特別講師/講演会

 

 

今日はコーヒーに合うチョコレートについて、

ショコラコンシェルジュの平田早苗講師から学びます。

 

1_024.gif

 

 

 

まずはチョコレートの原材料、カカオについて。

 

1_011.gif

1_071.gif

 

 

カカオニブと100%カカオマスが配られ、早速試食!

 

1_005.gif

 

 

「苦い!」「薬みたい…」「酸味が強い」など、

いつも自分たちが食べているチョコレートと違って驚いている様子。

 

1_009.gif

1_022.gif

 

 

カカオの産地によって味も香りも違うので、それぞれの特徴を知ることが大切!

今回は4カ国のチョコレートを用意。

 

1_042.gif

1_064.gif

 

 

テイスティング(試食)は

  • 香り
  • 色とツヤ
  • 割ったときの音、噛んだときの食感

の3つを楽しむ。

 

そして、

  • 口の中でゆっくり溶かす
  • 体温で温めた味わいを楽しむ

以上の5つのステップを踏まえて、食べ比べをしていきます。

 

1_054.gif

 

 

たくさん食べると味がわからなくなってしまうので、水は必須!

 

1_056.gif

 

 

初めに食べたカカオマスと比べると大違い!

 

1_082.gif

 

 

フルーティーなものや酸味の強いもの等、産地ごとに様々な特徴がありますね。

1つずつ気付いたところなどを記入していきます。

 

1_060.gif

 

 

今回用意した4カ国以外にもカカオの産地はたくさん!

産地ごとの特徴を学びます。

 

ベトナム:フルーティーで酸味がある

マダガスカル:ベリーのようなフルーティーさ

ベネズエラ:フルーティー

エクアドル:ジャスミンの花の香り

ブラジル:フローラル・フルーティー

 

カカオの産地を知り、食べたときの感覚を大切にすることで、

自分なりの味が表現できるようになります。

 

 

1_050.gif

 

 

次回の授業ではチョコレート版のテイスティングマップを作成予定!

コーヒーに合うチョコレートを探します☆

 

1_084.gif

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加