製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

カフェ(喫茶店)

用語詳細

元々は「コーヒー」の意味であったが、転じてコーヒーを飲ませる飲食店を意味する。日本では明治時代の終わりに大阪から始まった。
現在ではカフェバー、インターネットカフェ、オープンカフェなどのような業種の総称として使われている。2000年代よりカフェブームが起こった。また、カフェと喫茶店の違いは、カフェではお酒が提供できるが、喫茶店ではお酒が提供できない。

イベント情報