製菓・カフェ・調理の専門校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

人気急上昇中♪「エアロプレス」で、おいしいコーヒーを淹れる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.06.10東京

授業/特別講師/講演会

「ここ10年くらいで定着してきた淹れ方です。

フリスビーメーカーが考えた、アウトドアでも使えるものなんですよ」

 

1.jpg

 

今回、エアロプレスの使い方を教えてくれるのは、佐藤宇宙講師!

 

2.jpg

 

まずは、デモンストレーションをチェック!

エアロプレスは、大きく分けて「プランジャー」と「チャンバー」いうパーツに分かれます。

 

3.jpg

 

 

キャップに、ペーパーフィルターを入れます。  

軽くお湯でぬらして張りつけるのがポイント!

 

18gのコーヒー粉をチャンバーの中に入れます。

プランジャー(上部の押すパーツ)にお湯を230g入れます。

 

お湯の温度は90度に。

IHでしっかりと温度チェック!

チャンバーにゆっくりとお湯を注ぎ入れたら、

パドルを使って、全体を30秒以内に混ぜます。

 

 

4.jpg

 

プランジャー(上部)を、チャンバー(下部)に差し込みます。

30秒かけて、ゆっくりとプレス(圧力)をかけて抽出。

 

 

5.jpg

 

佐藤講師「エスプレッソは空気圧ですが、

エアロプレスは手で押す力。一定のスピードで抽出するといいよ!」

 

6.jpg

 

女子は、自分の体重をかけるようにプレスすると、やりやすいそう♪

 

7.jpg

 

飲んでみて……

「ドリップの味よりも軽いかも!」

「まろやかですね〜」

 

学生たちの淹れたコーヒーを飲んで

「酸味が強い。苦みが出てない」

「味が出し切れてないね」とアドバイスする佐藤講師。

 

また、マシーンを逆さにして淹れる「インヴァート」スタイルにも挑戦!

味がまったく変わるようで……

 

8.jpg

 

「フレンチプレスが好きな人は、インヴァートのほうがいいですね」

「インヴァートのほうがハンドドリップの味に近いかも」

 

9.jpg

 

「とろんとしていて、ボディ感が出ます!」

と、こちらも好評でした!

 

10.jpg

 

佐藤講師「ステンレスフィルターでも淹れてみよう。

ペーパーがこしてくれていた細かな粉がフィルターを突き抜けて出るので、

少しざらつくようなテクスチャーになるかも。

味の違いを比べてね!」

 

11.jpg

 

12.jpg

 

同じマシーン、同じ豆でも、

パドル、プレスの仕方で、味がまったく違うものになるから不思議!

 

カフェでバイトしている学生も多いということもあり、

淹れれば淹れるほど上手になっていましたよ♪

 

13.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加