製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

一人ひとつ、スイーツ作り!高校2年生限定スペシャルレッスンに密着!【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.01.09東京

イベントその他

高校2年生向けのスペシャルレッスンが開催されました!

 

今回は、鍋田幸宏講師に、「ホワイトチョコとラズベリームース」を教えていただきます。

 

0167_DSC2875.jpg

 

ホワイトチョコレートと牛乳で「ムースショコラブラン」を作り、

セルクル(型)に流し込んで……

その中に、ラズベリーゼリーを入れ、

ビスキュイショコラでフタをします

 

0011_DSC2661.jpg

 

冷凍庫で冷やす時間中に、

校舎1階「Sweets Laboratory」見学へ。

先輩たちによる販売実習が行われていました☆

 

原島講師「入学したら、こうした本格的なスペースを使うことができますよ。ココはオーブンで……」

と、細かく設備を説明してくれました

 

参加者「すごかったです!いい香りがしておいしそうなケーキがいっぱいでした

参加者「先輩たち、テキパキと動いていてすごいなぁと思いました

 

0034_DSC2696.jpg

 

見学後は……ふたたび実習!

 

冷凍庫で冷やし固めたショコラブランを、セルクルからハズします。

セルクルの表面を、バーナーで加熱してハズすんですよ。

ショコラブランの表面に、ホワイトチョコレートをふきつけます。

 

鍋田講師「チョコレートにはカカオバターという油脂が含まれています。目ではあまり分からないけれど、うすい膜でコーティングされます。ムースの外側は保護しないといけません」

コーティングしたら、金台紙の上へ。

いよいよ飾り付けです。

「決まりはないから好きに飾って。ただし、偶数よりも奇数に飾った方がキレイに見えます。ダメじゃないけれど、飾り付けは均等にしないほうがいいです」

 

0110_DSC2803.jpg

 

また、ある学生からの質問が、

鍋田講師のハートに火をつけました

「なぜ数ある職業のなかから、パティシエを選んだんですか

 

0210_DSC2934.jpg

 

「高校生のときは、建築の専門学校に行きたかったんですが落ちたんです。それで、兄貴が行ってた学校に願書を出したのがキッカケ。好きと仕事は違うというけれど、俺はこの仕事が好きです」

 

鍋田講師「誰に教わるの……?

そう、先生です。

学校に教わるわけではありません。

私は、先生というより先輩というかたちで教えたいと思っています。厳しいことを言うかもしれませんが、嘘は話しません。うわべだけのいい話はいくらでもできますが、それはみんなのためになりません。

この業界は、やればやるほど技術が身に付くし、作り続ければお菓子は見えてきます。

 

 学校は社会に出る前の訓練の場。でも、『いわゆる学校の先生』は現場といちばん遠い。

私はすごくイヤでした。 でも、レコールバンタンは違います。

自分自身もコンテストに出ることで、学生にフィードバックできる。

 

業界に長くいられる人材を育てたい。現場で使える人間を育てたいんです

 

熱いトークに、保護者の方々も深くうなずかれていましたよ

 

さぁ、いよいよ参加者が飾り付けする番です!

 

0166_DSC2874.jpg

 

ホワイトチョコレート、ひいらぎ、ラズベリーをのせて、華やかに。

個性豊かな作品ができあがりましたね

 

写真撮影も忘れずに!

また、調理後は、みんなで仲良く試食会です☆

 

「ひとり一個制作というのが、他の学校にはないなぁと思いました

「頭の中でイメージしたものが作れて楽しかった

「先生も優しくて、作り方も分かりやすかったです

と、みんな笑顔。

 

実際の授業を受けることで、

リアルなスクールライフを体感できましたね!

0212_DSC2936.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報