製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

初代バリスタチャンピオンに輝くのは誰!?レコールバンタン東京校『BARISTA CHAMPIONSHIP』に密着!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.03東京

コンテスト

!!NEWS!!

レコールバンタン東京校初となる、『BARISTA CHAMPIONSHIP(バリスタチャンピオンシップ)』が開催されました。

今回のイベントは、学生が中心となって進めてきたイベントです。厳しい学内予選を経て、4名の選手が東京校決勝へ出場します。

 

▼予選の様子はコチラから

https://www.lecole.jp/topics/blog/detail/3495.php

 

0072_85D4506.jpg

0002_85D4416.jpg

 

 

気になる決勝の競技内容はコチラ!

 

<競技内容>

ドリップ(2回抽出)2杯

サイフォン(1回)1杯

エスプレッソ(1回)2杯

カプチーノ(1回)2杯の順で、審査員に提供。

 

審査員は、日本バリスタ協会(JBA)で技術研究委員長でインストラクターも務める篠崎講師とバリスタの佐藤講師。

篠崎講師 「学生には、事前にドリップコーヒーのレシピを提出してもらっています。自分がイメージした味を再現できているかもチェックします」

 

0162_85D4619.jpg

 

<第一競技>

第一競技は、飛田さんと篠原さんの競技。制限時間は20分です。

 

篠原さんはお湯の温度をチェックし、ドリップの抽出からスタート。

 

0011_85D4426.jpg

 

飛田さんも、落ち着いて作業を進めていきます。

 

0012_85D4427.jpg

 

ドリップの次はサイフォンです。

8分を過ぎたところで、篠原さんがエスプレッソを抽出し終わりました。

 

0025_85D4443.jpg

 

続いてはカプチーノ。

1杯目は、「フリーポア」と呼ばれるミルクピッチャーを揺らしながら描くデザインを。

2杯目は、「デザインカプチーノ」でピックを使ってイラストを描いていきます。

 

0041_85D4463.jpg

0048_85D4470.jpg

 

12分30秒、ほぼ同タイムでふたりはすべてのコーヒーを淹れ終えました!

「いつも使っているマシーンと違ったので、感覚をつかむまでに時間がかかってしまいました。周りを見る余裕がなく、笑顔が少なかったかも」と、飛田さん。

 

0050_85D4474.jpg

 

片付けをしながら、篠原さんも「いつも篠崎講師に『すべての作業の先には、お客さまがいると考えて』と言われていたので意識しました。自分のためだけでなく、色んな人に飲んでほしいなという想いを込めました」と語ってくれました。

 

0064_85D4495.jpg

 

 

<第ニ競技>

続いては、鈴木さんと藤田さんの競技。

 

まずは、ドリップコーヒーから。ペーパーをセットして、コーヒー豆を淹れます。

 

0105_85D4553.jpg

0102_85D4550.jpg

 

藤田さんがサイフォンに集中している一方で、鈴木さんはエスプレッソに取りかかりました。

 

0138_85D4590.jpg

 

ムダのない動きで、カプチーノを淹れてラテアートをしていきます。

 

0148_85D4602.jpg

0156_85D4613.jpg

 

笑顔で「終わります」と、ひと足早くすべての工程を終えた鈴木さん。

 

0149_85D4605.jpg

0159_85D4616.jpg

 

鈴木さん 「普段の授業とはちがった緊張感があって、とても楽しかったです!」

 

0163_85D4620.jpg

 

藤田さんも 「サイフォンだけとか、カプチーノだけといった単体での大会はありますが、流れで色々なメニューを作る大会はとても珍しい。経験できてよかったです。いかに効率的に作れるかを考えるだけでなく、落ち着いて振る舞う大切も学びました」と、振り返ります。

 

0165_85D4622.jpg

 

 

イベントには、4人が考えたドリップコーヒーの試飲コーナーも登場。

見学にきていた後輩たちも「低めの温度で淹れると、甘みが際立つね」「こっちは酸味がある!」と、真剣に飲み比べていましたよ。

 

0211_85D4676.jpg

0306_85D4784.jpg

 

 

そして!迎えた最終戦。

決勝に駒を進めたのは……篠原さんと鈴木さん!

鈴木さん 「一戦目のデザインカプチーノはウサギでしたが、今回は羊でいきます」と宣言。

 

0175_85D4638.jpg

0189_85D4653.jpg

 

20分の試合開始です!

 

ふたりとも慣れた手つきで、テキパキと淹れていきます。

篠原さんが目指したドリップコーヒーは『甘さのある優しい味わい』。

対して鈴木さんは『甘みと、ほのかな酸味を感じるコーヒー』。

 

0226_85D4693.jpg

0239_85D4707.jpg

 

同じ工程に見えますが、湯音や抽出時間、蒸らし時間にいたるまで細かく決めているため、味わいはまったく異なります。堂々と仕事を進めるふたり。

どちらも、一歩も譲りません!

 

0271_85D4741.jpg

0286_85D4762.jpg

0300_85D4777.jpg

 

こうして、心地よい緊張感に包まれながら、すべての競技が終了しました。

 

0329_85D4813.jpg

0335_85D4820.jpg

 

審査を終えた講師陣からは・・・

 

佐藤講師 「授業で練習しているので、エスプレッソとカプチーノは安定した味。ただ、サイフォンとドリップは味がぼやけているものも。飲む人のターゲットを明確にして、今後も味作りに励んでほしいですね」

 

篠崎講師 「本物のバリスタというのは、その日のお客さまとの対話からコーヒーの味を決めていく仕事。また、安定したものをスピーディに出せることも大切です。現場に近いことを経験してもらったので、大変なこともあったかと思いますが、色んな味を作れていたと思います。ぜひこの経験を活かして」と締めくくりました。

 

0387_85D4893.jpg

 

 

そして……気になる初代チャンピオンの発表の瞬間。

佐藤講師が、ふたりの手を握り、勝者を伝えます。初代チャンピオンは……!!

 

0344_85D4836.jpg

 

篠原さんに決定!!

篠原さん 「レシピを考えるときに、どんな味を目指しているのか分からなくなるときもありました。正解が分からなくて困っていたときに、同級生たちは的確な意見をくれました。みんなもエントリーしていてライバルのはずなのに、ギスギスすることもなく助けてくれました。みんながサポートしてくれたおかげです」

と、涙ぐみながらも、チャンピオンらしさを感じさせるコメント!おめでとうございます☆☆

 

0348_85D4840.jpg

0360_85D4854.jpg

0363_85D4858.jpg

 

しかし、これで終わりではありません。

優勝者の篠原さんは、レコールバンタン大阪校のバリスタチャンピオンとの頂上戦にのぞみます!

次回は更に難易度が上がり、競技に『豆の焙煎』と『カフェラテ』が加わります。

 

東京校の大きな期待を背負って、ぜひおいしいコーヒーを淹れてくださいね!

 

0391_85D4901.jpg

0399_85D4912.jpg

 

スタッフ一同、応援しています!!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加