製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

「アルマーニ/リストランテ銀座」のエグゼクティブシェフが伝統のパスタを伝授★【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.26東京

授業/特別講師/講演会カフェ実践デビュープログラム

今回は銀座にあるセレブ御用達の「アルマーニ/リストランテ銀座」レストランから エグゼクティブシェフのフランチェスコさんが来校グッド (上向き矢印)   カンパチ魚のカルパッチョと北イタリアでしか食べられていないという 2000年前から伝わる伝統的なパスタ「テスタローリ」の レシピを教えていただきましたわーい (嬉しい顔)   まずはカンパチのカルパッチョから。     見てください、この美しい赤色の身を目がハート (顔) 生ビーツと砂糖に12時間ほど漬け 美しいクリスマスカラーに染め上げましたハート   これは彩りのためだけでなく砂糖の浸透圧で 魚の生臭さが取れるんですってひらめき   ドレッシングはシャンパンビネガーと柚子がベースぴかぴか (新しい) シェフのお店では、ドレッシングは作り置きしないそう。 なぜなら、時間が経つと素材のエグ味が出てしまうから。   「レストランでは、1日に3回作って、 いつもフレッシュなドレッシングを提供しています」 とフランチェスコシェフぴかぴか (新しい)   手間を加えたぶん、料理は美味しくなるんですねうれしい顔   次はいよいよテスタローリですぴかぴか (新しい) なんとこれは、一度焼いてから茹でるという 珍しいパスタですうれしい顔グッド (上向き矢印)     焼いた生地は、まるでカレーのナンや、お好み焼きのようるんるん (音符) 「ちょっと焦げるぐらいが美味しい」とシェフ。 いい焦げ目ですね目がハート (顔)     焼きあがった生地をみんなで触ります。 焼き餅のように、モチモチです!   ソースはくるみと松の実がメインぴかぴか (新しい) ジューサーでミックスすると芳ばしい香りがふんわり広がりますわーい (嬉しい顔) ソースにこだわるフランチェスコシェフは、 何度もテイスティングして作っていましたぴかぴか (新しい)   先ほどの焼いたパスタを一口大にカットして ふわっとした部分のみ鍋のなかへ。。。 スポンジ状になっているほうが、 ソースを吸って美味しくできあがるとのことですウィンク   茹であがるとぷるぷるのパスタになりました。   最後はソースと絡めて完成です!     今度はみんなで作りますパンチ シェフが学生の作業しているところを回りながら マンツーマンで教えてくれます。     カルパッチョを作る人たちはお皿や盛り付けにも一工夫グッド (上向き矢印)   いよいよ試食double exclamation     テスタローリはチヂミのような食感。 カルパッチョは柚子の風味で 魚が苦手な人もどんどん食べられる味わいでした目がハート (顔)     最後にシェフからひと言。 「シェフになるにはパッションと、勉強と、長い時間が必要。 私も20年かかりました。そしていまも勉強を続けています。 世界中に競争相手がいる厳しい世界だけど頑張ってください」   シェフの厳しくも温かい激励とともに 世界の味を体感できる、貴重な授業でしたわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい) シェフ、ありがとうございましたグッド (上向き矢印)

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加