製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

パティスリーポタジエ・奥田シェフ☆パティシエコース【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.12.11

デビュープロジェクト

野菜スイーツ専門店として、評判のパティスリーポタジエから 奥田シェフが来校してくださいましたぴかぴか (新しい)   数あるレシピの中から、今回シェフが学生たちに教えてくださるのは 「トマトのショートケーキ」と 「 にんじんシフォン」。   「野菜スイーツがはじめてという人でも、食べやすいものを選んでみました!」 と奥田シェフ。   トマトのショートケーキは、シェフのデモンストレーションを見学しますわーい (嬉しい顔) きれいな緑色をした小松菜のジェノワーズ の間にはトマトの薄切りをはさんで。 上にはミニトマトも飾られて、とてもキレイでおいしそうなケーキができあがりました!   続いてはにんじんのシフォン。 シフォンの周りに にんじんのクリームをナペする奥田シェフ。 「ヨーグルトとにんじんのピューレ を加えるから、生クリームは しっかりと泡立ててね」 しゃもじですくっても、落ちないくらいまで泡立てたら ヨーグルトとにんじんのピューレ を加えて、ほのかなオレンジ色のクリームにぴかぴか (新しい) シフォンに塗っていくと、ニンジンの果肉の質感が表面に現われて また美しい仕上がりです。   シェフに続いて、学生たちもにんじんのクリームづくり。 そしてナペしていきます。 にんじんが苦手な子がいるグループは、バーミックスやブレンダーで さらににんじんのピューレ を細かくしてから、クリームづくりをウィンク 細かくすると、クリーム全体がオレンジ色になって シェフの作ったものとはまた違う雰囲気です。   「野菜スイーツはあっさりしていて、おいしいので好き。 ポタジェさんにも行ってます!」という学生もいれば 野菜スイーツははじめてという学生も。 「フルーツのように野菜は全面的に個性を出してしまうと どうしてもスイーツの枠からはみだしてしまう。 だから最小限の個性を効果的に表現するというのが 野菜スイーツの難しさであり、大切なところですね」 と奥田シェフ。 とても奥の深い世界です。   完成したあとは、シェフの作ったスイーツ2種類を試食しながら いろいろお話をうかがうことにうまい! (顔) 野菜スイーツのことにはじまり、シェフが料理人からパティシエになったきっかけ、 そして料理人からパティシエになって、一番苦労したことなど たくさんのお話をうかがいましたハートたち (複数ハート)   シェフの気さくな人柄のおかげで、終始和気あいあいとした雰囲気の 授業となりました。   お忙しい中、お越しいただき、ありがとうございました!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報