【サマーセミナー】まやりんが1日レコールバンタン生に!「CONRAD TOKYO」岡崎シェフとアフタヌーンティースイーツにチャレンジ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2023.08.26東京

イベント授業/特別講師/講演会

今回は夏休み期間中に行われた、夏のオープンキャンパス「サマーセミナー」をレポートsmiley

 

6DS_8337.jpg

 

ゲストは、レコールバンタンの姉妹校、ヴィーナスアカデミー卒業生でティーン世代に絶大な人気の「まやりん」こと、重川茉弥さん

 

6DS_8453.jpg

 

実習教室にまやりんが入ってくるやいなや、「キャー!!」と歓声があがりました!!

 

「汐留にあるホテルで、レストランシェフを務めています。

20名ほどのスタッフと共に、レストランデザートやアフタヌーンティーセット、ウエディングケーキやデザートを作っています」と自己紹介いただいた、

東京屈指のラグジュアリーホテル「CONRAD TOKYO」よりエグゼクティヴ ペストリーシェフ 岡崎シェフが今回の講師です

 

6DS_8394.jpg

 

「CONRAD TOKYO」アフタヌーンティースイーツとは?>

コロナ禍の中で「ヌン活」というワードがトレンドになるなど、スイーツ業界でここ数年注目を集めるアフタヌーンティーセット!

岡崎シェフ「CONRAD TOKYOでは、約20種類のドリンクセレクションからお好きなものをお好きなだけ召し上がることができます

この夏は世界中から厳選した『塩』をテーマにしたアフタヌーンティーセットを実施しました

 

6DS_8352.jpg

 

ホテルで実際に提供されていたラインナップの中から今回のイベントでみなさんと作るのは・・・

  • フロマージュブランとパッションのムース
  • レモンとプラリネのタルト
  • ピンクグレープフルーツムースとライチゼリー
  • パイナップルと塩キャラメルのティグレ

の4種にチャレンジ!それらの貴重なレシピも、参加者特典としてみなさんにシェアしてくださいました

 

6DS_8302.jpg

 

「パイナップルと塩キャラメルのティグレ」のキャラメルソースをデモ>

まずは、調理工程をすぐ目の前で見れるチャンス!シェフによるデモンストレーションへ

 

6DS_8060.jpg

 

<1>「フロマージュブランとパッションのムース」のナパージュ(フルーツやムースの表面に塗る透明なツヤ出し)をかけていきます。

岡崎シェフ「ペティナイフで底をするようにして取り、クッキー生地の上にのせてください」

 

<2>

続いて、まやりんが「いちばん気になります!」とチェックしていたスイーツ!

「ピンクグレープフルーツムースとライチゼリー」の色付けを行います

 

6DS_8165.jpg

 

「特徴は、エラブラシを使って表面にカカオバターをふくことで、色鮮やかに仕上げること

平日ですと、アフタヌーンティーを求めるお客さまは1日あたり100名、週末になると200名はいらっしゃるので、

1週間に800個は仕上げていると思いますよ!」と岡崎シェフ。形は、塩の結晶をイメージしているそう

 

<3>最後に、「パイナップルと塩キャラメルのティグレ」のキャラメルソースを仕込みます。

鍋に水飴を入れ、加熱していき、グラニュー糖を少量ずつ分けて入れます

 

6DS_8092.jpg

 

「これがキャラメルになるんですねー!」と、香ばしい甘い香りに大興奮のまやりん

「そうです!マドレーヌなどのお菓子は、焼くと茶色になりますよね?あれは、生地にお砂糖が入っているからなんですよ」と、分かりやすく解説!

加熱した水飴+グラニュー糖に、レンジで温めた生クリーム+塩を、数回に分けて入れ煮詰めます。

最後にバターを入れて、ブレンダーでなめらかにすれば、キャラメルソースの完成!

材料もシンプルなので、お家でも再現しやすそうですね!

 

6DS_8233.jpg

 

そして、まやりんも一緒に参加されたみなさんと4種類のスイーツの実習体験に取り掛かりました

 

6DS_8361.jpg

 

ナパージュをかけたり、生クリームを絞ったり、キャラメルソースを生地に流し込んでデコレーションをするなど、

次々とホテル仕様の華やかなスイーツが仕上がっていきます!

 

まやりんが実習中のみなさんのテーブルを回っていくシーンも

 

6DS_8412.jpg

 

まやりん&岡崎シェフがみなさんの進路選びのお悩みに答えます!>

現役で活躍するプロフェッショナル講師が作る一流の味を知ることができ、直接質問できる環境もレコールバンタンの強みです。

 

6DS_8468.jpg

 

完成したスイーツを試食しながら2人へ受みなさんから寄せられた質問に答えていただきます。

 

――― これからの時代、パティシエに求められることは?

 

6DS_8443.jpg

 

岡崎シェフ「フレキシブルに対応して、お菓子を提供できること

ホテルでは、コロナ禍が落ち着いて外国人のお客さまが増えています。

例えば、アレルギーだけではなく、ヴィーガン、低糖質などさまざまな方々に対応したスイーツをお届けしていきたいですね。

なので、何事にもチャレンジ精神を持つことが大切だと思います

 

――― まやりんは、バンタンの卒業生ですよね。振り返ってみて、バンタンの良いところはどんなところでしたか?

 

6DS_8459.jpg

 

まやりん「私は、姉妹校に通っていましたが、レコールバンタンの学生の方が作ったパンやお菓子を買ったりしていました。

校舎も近かったので、毎日レコールバンタンの近くを通ると、学生のみなさんの笑い声と美味しそうな香りがして、

『楽しそう!レコールバンタンっていいな!』と思っていました

現役で活躍しているプロフェッショナルが教えてくれるのもバンタンの特徴ですそこが良いところだと思います

 

8478_2.jpg

岡崎シェフ「レコールバンタンの学生は、いつもフレンドリーで元気があるなと思います。

コミュニケーション力が高い人が多く、活気があり、パワーを感じます。

スクールの雰囲気がすごく良いと思いますよ。

 

「これから、お菓子作りを続けていくと、難しかったり辛かったり大変なこともあると思いますが、技術を磨いていってください。

お客さまが召し上がって『美味しい!』と言ってもらえると、自分自身も『よかった!』と報われる気持ちでいっぱいになります。

“自分がやっていてよかったと思えること”が、ひとつでもあるといいですね。

レコールバンタンで、お菓子作りの技術を身につけていただけたらと思います」とメッセージ

 

これからの進路選びを進めていく参加された中高生のみなさんにとっては、得るものの多いセミナーとなったのではないでしょうか

 

<GUEST INFORMATION>

重川茉弥(まやりん)@mayaaa_124

https://www.youtube.com/channel/UCa_uTzJrKInoqNZV5IvRjkQ

 

CONRAD TOKYO

https://conrad-tokyo.hiltonjapan.co.jp

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報