製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

ロートンヌ・神田シェフ直伝授業☆スイーツデザイン本科【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.02.21

授業/特別講師/講演会


今回の直伝授業にやってきてくださったのは今、注目のパティシエsign01
ロートンヌの神田広達シェフですshineshine

0114_DSC8715.jpg

伝授していただくのは、この冬の新作スイーツ「プラウディア」

「初恋のときのような、ピュアな気持ちを表現しました。表面は真っ白なムースショコラブラン。ムースショコラの甘さだけではなく酸っぱいフランボワーズやほろ苦いプラリネを加えています」
と神田シェフ。

そんなロマンティックなストーリーを持つスイーツですが中にはフランボワーズのジュレ、ピスタチオのダックワーズ、プラリネフィユティーヌ、クレームショコラフランボワーズなどが何層にも折り重なっているため、その一つひとつをしっかりと作っていく作業が必要となりますthinkpaper

最初にダックワーズを作り、続いてフランボワーズのジュレを作り、セルクルに入れて冷やし固めます。

神田シェフのデモンストレーションを真剣に見つめ、メモを取る学生たち......pencil

0035_DSC8621--.jpg

ブレンダーを使って混ぜ合わせたクレームショコラフランボワーズと先に冷やし固めたフランボワーズのジュレ、ダックワーズを重ねてそしてまた冷やしていきます。

シェフのデモンストレーションのあとは、学生たちが作業をする番sign03

0061_DSC8655.jpg

がんばっている学生たちの様子を、神田シェフは楽しそうに携帯で撮影してまわります。
「撮るよ~camerashineはい、フロマージュsmilesign01」とダジャレを飛ばして学生たちを和ませてくれます。

0089_DSC8685.jpg

もちろん、技術的なアドバイスもいろいろしてくださいましたflair

0095_DSC8691.jpg

このあと、プラリネフィユティーヌやムースショコラブランを作り慎重に重ね、飾りをのせたら完成!

0145_DSC8750.jpg

終始和やかに進んだ、この日の直伝授業confidentshine
やさしくて陽気な神田シェフの人柄に学生たちもリラックスして授業に臨んでいたようでした。

神田シェフ、お忙しい中、どうもありがとうございましたsign01


次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報