製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

[業界認定プログラム]NOVARESEのパティシエによるウェディングケーキのレッスン♪【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.08.12東京

授業/特別講師/講演会パティシエ実践デビュープログラム

結婚式に華を添える

ウェディングケーキ

 

パティシエのお仕事というとケーキ屋さんで働いているイメージが強いですが、

ブライダルの業界で活躍しているパティシエもいるんです

 

そこで今回、結婚式場や挙式の企画・運営で人気の

NOVARESE

の現役パティシエを招いて、ウェディングケーキのレッスンをしていただきました。

 

0436_DSC0389.jpg

 

伺った時は、ちょうどケーキを組み立て始めるところでした

 

ジェノワーズというスポンジ生地の上に生クリームをナッペし、苺を並べます。

その上から再び生クリームをナッペ。

1つのウェディングケーキにつき、生クリームはだいたい2L以内の量を使うのだそう

 

作業をしながら、先生から

「何でみんなは、ブライダルのこの授業を選んだの?」

という質問が

 

すると、

「幸せだから!」

「夢があるから!」

と、次々に答えが聞こえてきました

 

幸せのお手伝いができる、素敵なお仕事に憧れている学生が多いようです

 

「このお仕事は、プランナーさんやキッチンの人もいるからいろんな仕事を観られて楽しいよ♪」

 

などと、作業と同時進行で現場のお話もしてくださいました。

 

ナッペが終わり、上にサンドする大きいジェノワーズ生地をのせると、学生のみんなからは

「おー!すごい!!」

という歓声が

 

0314_DSC0232.jpg

 

なかなか見る機会のない大きさのケーキは、とても迫力があります

 

ケーキの周りを生クリームでナッペし、次はデコレーション!

 

0244_DSC0119.jpg

 

「カゴ編みの絞りをしていきます♪」

と言い、ケーキの側面に先生が生クリームを絞ると、

カゴ編みのような生クリームのデコレーションが

 

初めて見る立体的な絞りの技術と見た目のキュートさに

「すごーい!可愛い!!」

と、みなさん感動していました。

 

側面のデコレーションをしている間に、先生へ次々に質問が

 

「この仕事をしていて、良かったと思うことってありますか?」

「結婚式でウェディングケーキを運ぶ時に、新郎新婦の方の目の前に

出した時の嬉しそうな表情を見られるのはこちらも嬉しくなるし、やりがいになります♪」

 

「大変だったことってあるんですか?」

「サービスの子がケーキを落としちゃったことがあって!」

 

「えー!!それでどうしたんですか!?」

「その時は、ケーキ入刀の時間を30分ずらしてもらって、30分で作りました!」

 

と、現役で働いているパティシエならではのリアルなお話も聞けていました。

 

そんなお話をしているうちに、側面のデコレーションが完成

 

側面が終わるとメインのデコレーションです。

のせるフルーツを次々にカットし、キウイは断面がジグザクになる切り方の技術を披露

 

0249_DSC0129.jpg

 

フルーツをのせて生クリームをしぼり、完成です

 

0260_DSC0156.jpg

0271_DSC0172.jpg

 

ブライダルで働いているパティシエならではの技術に、

学生のみんなは終始、感動しきりの様子でしたよ

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報