製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

ハイスクール調理・バリスタ専攻1年生、保護者への提供実習に向けて試作!【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.19東京

イベント授業/特別講師/講演会

この日はハイスクールの調理・バリスタ専攻1年生の

授業の様子をレポートします。

 

学生たちは、3月に行われる保護者会で

保護者のみなさんに、自分たちが考えたメニューを調理し

食べていただく予定です。

今回提供するメニューは、オニオンスープとフォカッチャ、

サラダ(和風ドレッシングとシーザードレッシング)、

そしてパスタ2種類。

 

_F1A2194.JPG

 

この日の授業では、パスタ以外の試作を行いました。

 

指導してくださるのは

イタリア料理店「sel sal sale」のシェフ、濱口講師です

 

まずはフォカッチャの生地をこねるところから。

濱口講師が鮮やかな手つきで見本をみせてくれますが

学生には少し難しい様子……

 

_F1A2189.JPG

 

それでもがんばってチャレンジするうちに

どんどん上手になっていきました

 

またほかの学生たちは、オニオンスープの準備

玉ねぎを細かく刻んで、ゆっくり時間をかけて

火を通していきます

 

_F1A2156.JPG

 

続いてはサラダの準備です。

今回、シーザードレッシングは

みんなでオリジナルレシピにしようということで

材料の分量を試行錯誤していました

 

_F1A2222.JPG

 

「アンチョピは大さじ4くらいかな?」

「これじゃニンニク少なくない?」

 

できあがったドレッシングを味見してみると……

「ニンニク強すぎた」「しょっぱいね」と残念そう

 

「まだあと3回くらい作る機会があるから、

 それまでに修正すればOKだよ」と

濱口講師が声をかけてくれました

 

そのあとも、オニオンスープのたまねぎを炒めたり、

和風ドレッシングを制作したり、

フォカッチャの生地の準備をすすめたりと

学生たちはキビキビと作業を進めていましたsmiley

 

そしてスープの味を決める段階に。

「味見をして、あと5口くらい飲みたいなと思う

 塩分だったらOK

 

_F1A2266.JPG

 

「提供する温度にも気を配ってね。

 沸騰させて味見をすると味が違うでしょ。

 どの温度で提供するのが一番おいしいのかを考えて

 作業をすすめよう

濱口講師からのアドバイスに深くうなずく学生たち。

 

_F1A2335.JPG

 

その後、学生たちが仕上げをしたスープを味見した講師からは

「悪くないね」と一言。

みんなホッとした表情を浮かべていました。

 

最後に高校1年生に指導することについて、濱口講師にうかがうと

「あまり食べ慣れていなければ、バイトもしていないので

 まずは『知る』『興味を持つ』というところを大事に、 授業をしています。

 

_F1A2261.JPG

 

 「味覚のトレーニングも行っていますが、みんなとても吸収が早い。

 さっきのスープの仕上げのように、塩を決めるというのは

 実はとても難しいことですが、この学生たちはそれができるんです」

と、話してくださいました。

 

みんなのこれからの成長が楽しみですね。

3月の提供実習に向けて、がんばりましょう!

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報