製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

高校2年生限定イベント「スプリングセミナー」パリスイーツ体験レッスン【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.03東京

イベントその他

目黒川の桜が咲き始めた3月の終わり。

高校2年生限定のイベント「スプリングセミナー」

レコールバンタン中目黒レーヴ校舎で行われました!

フランス人からも大好評だった、講師のオリジナルレシピ「エゴイスト」製作します!

 

20160326__LV_small_A1S2469.jpg

 

指導してくださるのはレコールバンタンの講師で

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011の

日本代表キャプテン 鍋田幸宏 シェフです。

 

20160326_LV_small_A1S2301.jpg

 

参加者のみなさんはコックコートにエプロン、コック帽を

身につけて、実習教室に集合。早速製作に入ります。

 

「早く、きれいにクリームをしぼるのが難しい」と

ちょっぴり苦労している参加者もいましたが

在校生の先輩たちの助けを借りて

1人1台、見事にケーキを完成させることができました

 

20160326_LV_small_A1S2435.jpg

 

ケーキの製作実習の後は、お待ちかねのランチです

カフェオーナー学科やパティシエ学部の在校生たちが

腕をふるったメニューの数々が並びます

 

20160326_LV_small_A1S2291.jpg

 

メニューは、トマト系、クリーム系、オイル系のパスタに

オリジナルのドレッシングがポイントのシーザーサラダと

オニオンスープ。どれもとってもおいしそう

 

20160326_LV_small_A1S2265.jpg

 

また参加者から在校生に、レコールバンタンの

学校生活について質問をするなど、終始和やかな雰囲気でした

 

20160326_LV_small_A1S2240.jpg

 

ランチのあとは、実習教室に戻って

鍋田シェフの指導のもと、クリームの絞りの特訓です。

 

鍋田シェフのデモンストレーションを

真剣な表情で見つめる参加者のみなさん。

「真上から見ながら、丸く絞ること」

「口金の高さは一定で手の動きは小さく、クリームは多く出す」

絞り袋の持ち方から絞り方まで、わかりやすくポイントを

説明してくれました

 

20160326_LV_small_A1S2344.jpg

 

今度は実際にクリームを使って絞ってみます。

「力を抜くのが早いね」

「手の動きが楕円になっちゃてるよ」

それぞれの参加者に対して、鍋田シェフがていねいにアドバイス

何度も繰り返し絞るうちに、だんだんと上手になってきました。

 

20160326_LV_small_A1S2395.jpg

 

その後、みんなで片付けをしてからは

午前中の実習でシェフが作ったケーキの試食と質疑応答タイムです。

「修行はどのくらいすればいいですか?」という質問には

「修行は一生。パティシエをやっている限り終わりはないと

俺自身は思っている。どこで一人前かは、それぞれが決めることだから」

と答えた鍋田シェフ

 

最後には、参加者のみなさんに対し

「この業界は大変なこともあるけれど、誰しもが通る道。

どんなに有名な人だって最初は何もできなかった。

 

自分の将来なので、自分でしっかり考えて、一人でも多くの学生が

この業界に入ってくることを願っています」

というシェフからのメッセージで、セミナーは締めくくられました。

 

20160326_LV_small_A1S2460.jpg

 

約20名の参加者のうち、唯一の男子にこの日の感想を尋ねると

「いろんな経験をすることができました。

特に一流のプロのパティシエから、厳しいことも含めて

率直な言葉を聞かせてもらったのは貴重でした」と話してくれました。

 

参加者のみなさん、そして保護者のみなさん

レコールバンタンにお越しいただき、ありがとうございました

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報