製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

『CAFE GROOVE 2018』直前!ケロッグ「オールブラン」を使ったメニューの試作現場をレポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.11.12東京

授業/特別講師/講演会

自然由来の食物繊維・小麦ブランがたっぷり入ったケロッグ・オールブラン

 

今回、学生に与えられた課題は、こちらのケロッグ・オールブランを使ったメニューの提案!

フードに関わるコースで学ぶ学生たちが、オリジナルメニューを考えて書類を提出しました。

 

006.JPG

 

ケロッグさんによる書類審査を通過したのは、こちらの3人。

(左から吉野さん、鎌田さん、御友さん)

 

11月4日に行われるイベント『CAFE GROOVE 2018』では、ファイナリストとして最終審査にのぞみます!

「グランプリに選ばれた人は、プライズとして『CAFE GROOVE 2018』リラックス食堂にてメニュー提供ができます」と手塚講師。

 

137.JPG

047.JPG

 

本日は、調理室で真剣に試作に励む3人の姿をキャッチ!

さっそく、気になるメニューをチェックしていきましょう!

 

まずは、吉野さん。

「鶏ひき肉のがんもどきの中に、オールブランオリジナル(棒状)を入れました」と、ネタを混ぜていきます。

 

011.JPG

041.JPG

 

ネタを揚げたら、甘酒がベースの特製餡をかけます。仕上げに、フレークタイプのオールブランプレミアムをちらしてできあがり!

 

042.JPG

058.JPG

 

試食をして...

手塚講師 「味が、ぼや〜っとしてる。餡にアクセントがないな」

 

062.JPG

 

吉野さんも一口食べて「んん……なんか足りない。ソースに悩んでいます」

 

061.JPG

 

手塚講師 「ベースは?」

吉野さん 「甘酒、お酢、それから少し醤油を入れています。でも、味がキマらなくて……悩んでいるうちに、水分がとんでしまって甘くなってしまったのかも」

 

試食の結果、さらに餡を改良することに!

吉野さん 「大葉など、緑のものを入れようかな……でも、原価のことを考えるとハーブを入れる余裕はないんですよね……」と、アイデアを練ります。

 

077.JPG

 

 

こちらは御友さん。メインは、アジフライ!

 

093.JPG

 

御友さん 「アジフライに、付け合わせを添えるつもり。一回目の試食のときは、オールブランオリジナル(棒状)を使った衣で揚げてザクザクの食感になりました。ご飯とお味噌汁に合うアジフライにしたいので、タルタルソースには、ヌカ漬けのキュウリを刻んで入れています」

 

084.JPG

 

ひらいたアジに、八丁味噌、オールブラン、チーズをはさんで、大葉でくるみます。さらに、細かく砕いたオールブランをまぶして揚げる予定ですが……

御友さん 「実は、オールブランには、プレミアムとオリジナルの2種類があって、どちらを使うか迷っています。食感がいいのはプレミアム(フレークタイプ)、しんなりとして食べやすいのはオリジナル(棒状)なんですよね……」

 

080.JPG

 

アジは、冷蔵庫でねかせてから、揚げていきます。揚げ方も、たっぷりの油で揚げる方法と、揚げ焼きとで作り分け。

御友さん 「タルタルソースでいいのかな……。アジフライに合わせるソースも悩みますね」と、食べ比べていました。

 

103.JPG

128.JPG

 

そして、完成した作品がこちら!

 

125.JPG

 

 

前回の試作ではカレードリアでしたが、今回からキーマカレーにメニューを変えた鎌田さん。

味の決め手になるのは、野菜からとったベジブイヨン!

 

013.JPG

022.JPG

 

鎌田さん 「ベジブイヨンを使うことで、ヴィーガンの人でも召し上がれます。普段は、マクロビのレストランで働いていて、できるだけ体にやさしい料理を作っていきたいなと思っています」

ルーには、体を温める八丁味噌と生姜を入れました。

 

053.JPG

089.JPG

 

付け合わせに、オーブンでグリルした野菜をのせていきますが、ここで気になることが。

「茄子の色。もう少し鮮やかになるはずだったんだけどな〜」と、渋い顔。

 

092.JPG

 

「見た目はどうですか?」とたずねると……「無難だな」と手塚講師はジャッジ。

ご飯にも、オールブラウンを入れることをアドバイスしました。

 

100.JPG

109.JPG

 

みんな、悩みに悩んでいます!!!でも、これも本気で取り組んでいるからこそ。

 

手塚講師 「オールブランを、食事メニューに入れるとすると、例えば粉にしてまぶして焼いたり、揚げたり……正直なところ、我々プロの料理人でも悩みますね。

また、料理人の目線で作るのではなく、あくまでも一般家庭で再現できることが重要。選ばれた三名はそういう目線を持てていますし、ここから未だまだブラッシュアップしてくれると思います」と、期待していました!

 

134.JPG

 

新しくて、おいしい料理ができあがりそうな予感大。

『kakko CAFE GROOVE 2018』当日も追ってレポートしますので、お楽しみに!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加