製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

バンタンカッティング2018で『XMAS SWEETS COLLECTION 2018』を発表!最優秀作品に輝くスイーツは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.11.05東京

デビュープロジェクト

「こんにちはー!レコールバンタンです。クリスマススイーツの販売をしております!」と、元気な声で呼び込みする学生たち。

 

_DSC7623.jpg

_DSC7662.jpg

 

10月14日に行われたバンタンカッティングエッジ2018にて、レコールバンタン生が『XMAS SWEETS COLLECTION 2018』ブースを出展しました。

ケースに並ぶのは、パティシエ・パリ留学本科と、グランパティシエコースの学生が考案したオリジナルスイーツ。

 

_DSC4525.jpg

0124_DSC5204.jpg

 

 

今回は、学生にとって初めての販売実習というだけでなく、クリスマススイーツの最終審査会をかねています。

それでは、エントリー作品をチェックしていきましょう!

 

ミラーボール☆バブリィ X’masケーキ(森下さん)

「イベントのテーマが『バブル』なので、バブル世代に流行していたディスコのミラーボールをイメージしました。中には、ホワイトチョコやフランボワーズのムースと、ストロベリージュレやピスタチオのダックワーズが入っています」

 

0050_DSC5073.jpg

 

タルトフロマージュ エ ミエル(岩崎さん)

「お酒に合わせて食べたくなるようなチーズケーキです。口溶けのいいはちみつムースと、ナッツの塩気をきかせています」

 

0048_DSC5071.jpg

 

サンタさんからの贈りもの(吉峯さん)

「ペロペロキャンディーをイメージしています。クッキーで、マシュマロをサンドしました。試作ではシュガースプーンだったけど(笑)今日は、イメージ通りの棒で作れて満足です♪」

 

_DSC7661.jpg

 

ネージュ・ブランシュ(高林さん)

「何度も試作しました。生地にはクリームチーズを使って、中のガナッシュにラム酒で香りのアクセントを加えています」

 

0097_DSC5148.jpg

 

クグロフノエル(中澤さん)

「ナッツやお酒を贅沢に使って、大人向けにしています。仕込みのときに、トナカイの角が折れてしまうハプニングもあったけれど……無事に当日を迎えられて嬉しいです♪」

 

_DSC7654.jpg

 

冬のプレゼント(鎌田さん)

「ブラウニーを作りました!ピスタチオ、ドライイチゴ、バナナ、レーズンなどを贅沢に使っています。包装にもこだわっているので、このままプレゼントにできますよ」

 

0064_DSC5088.jpg

 

焼きショートケーキ(白澤さん)

「ショートケーキを焼き菓子で表現しました。アーモンドが香るパン・ド・ジェンヌと、サクサクのパートシュクレを楽しんでください」

 

0099_DSC5151.jpg

 

また、ロスになってしまうスイーツを一口サイズに切って、来場者に食べてもらう工夫も!

 

_DSC7734.jpg

0130_DSC5219.jpg

 

入口近くに立って、熱心に呼び込みします。

努力の甲斐あってか、レコールバンタンのブースには、お客さんの列がたえませんでした♪

 

0078_DSC5116.jpg

0122_DSC5202.jpg

0118_DSC5193.jpg

_DSC7670.jpg

 

原田さん 「大きなトラブルもなく、順調です!」と、いい笑顔。

 

0259_DSC5418.jpg

 

 

審査を務めたのは、Toshi Yoroizukaオーナーシェフ 鎧塚俊彦シェフと、メーテル ドテル 宮崎 辰様です。

宮崎様は、学生一人ひとりのプレゼンテーションに、しっかりと耳を傾けます。審査では、ビジネス、クリエイティブ、コミュニケーションの3つのポイントが評価されます。

 

果たして……結果は??

 

<表彰式!!>

グランプリに輝いたのは……グランパティシエコース 高林遥香さんの『ネージュ・ブランシュ』!!

 

表彰状と、プライズボードが授与されました!作品は、鎧塚 俊彦シェフとのブラッシュアップを経て、Toshi Yoroizukaでの商品化が約束されます。

 

_DSC4662.jpg

 

宮崎様 「普段は、レストランでサービスマンとして働いており、作り手の想いを食べ手に届けるかけ橋をしております。七名の作品を一つ一つ試食して、おいしさ、独創性が感じられました。特に、最優秀賞を受賞した方は、五味に、人間味を感じられた作品でした。その人間味が、非常に心にささったので選びました。これからも、お客さまのために素晴らしいお菓子を作ってください」

 

鎧塚シェフ 「この作品はクリスマスのときに、お店で出したいと思っております。打ち合わせを重ねて完成度を上げて、頑張っていきましょう!」とビデオメッセージが届きました。

 

_DSC4676.jpg

 

高林さん 「選ばれると思っていなかったので、嬉しいです。ずっと作りたかったものが形になり、お客さんの元に届いていることが嬉しかったです。

グランパティシエのみんなが手伝ってくれてできたものなので、みんなに感謝しています」

 

また……「実は、Toshi Yoroizuka京橋店でアルバイトを始めたばかり。クリスマスに、自分の作ったケーキがお客さまに手に取ってもらえるなんてとても嬉しいです。

また、自分はケーキを作りましたが、イベントでは同世代のコたちが作る服や作品が見られて、スゴいなと感じました」と、ショーや展示からも刺激を得られた様子!

 

_DSC4707.jpg

 

ちなみに、作ったケーキは完売!おかげさまで、初めての販売実習は大成功をおさめることができました。

 

0970_DSC7245.jpg

_DSC7322.jpg

 

ご来場くださった皆さん、ありがとうございました!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加