製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

第47回バンタングループ合同卒業式&修了式☆【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.15

イベント

  木々の緑が日ごとに色濃くなる季節。 バンタングループ合同卒業式&修了式が行われました★   卒業生のみんなは、袴やスーツなど、 ドレスアップした姿でバッチリ決めていますわーい (嬉しい顔)           東京オペラシティの荘厳な雰囲気を感じる中で 卒業式がスタートしました。     まずは、長沢俊二代表の祝辞からほっとした顔   「卒業おめでとうございます。バンタンは、1965年に研究所として誕生し 『Think Global, Act Japanese』をモットーにチャレンジし続けて参りました。 私からは、特に3点のメッセージをお伝えしたいと思います。   (1)全てのものには基本の原理原則がある。 社会人として生きるにあたって健康は大事。すべてのベースです。   (2)自分の未来に投資する。 時間、お金はもちろん、自分のことを考えることも投資です。 「より速く、より高く、より強く」というスローガンは、自分自身にもあてはまります。   (3)社会への貢献を考える。 クリエイティブは社会とは切り離せません。我を通すのではなく、 社会のニーズを考えてコミュニティーに貢献してください。」     続いて、祝電をご紹介しますぴかぴか (新しい)   「レコールバンタンの皆さんへ 飲食業会で活躍されている方は、強い勇気がある人が多いです。 勇気と決断力を持ち続けて下さい。そして、講師陣との関係を大切にして下さい。 今後、社会に出て皆さんの力になってくれるはずです。 共にフード業界を盛り上げていきましょう。 株式会社LD&K 社長大谷秀政様」   また   ベージュアランデュカス支配人 ドミニク•ポティエ様 アステリスク和泉光一様、 ジュエリーデザイナー シャリン•カールトン様   より、祝電をいただきました。   続いては、在学中に優秀な成績をおさめた 学生に証書が授与されました。   レコールバンタンからは、パティシエ&ブランジェ本科の 林沙也加さんが登壇しましたー王冠     おめでとうございますdouble exclamation     さらに、在校生送辞と卒業生の答辞。   在校生代表は、バンタンデザイン研究所スタイリスト学科の中村衣里さん。   「送辞 寒さも和らいできた今日のよき日、 入学してから2年もの月日が経ったと思うと信じられません。   皆さんには、本当に色々なことを教えていただきました。 ぶつかり合いながら1つの目標を目指し、クリエイティブについて考えました。 本気でぶつかったからこそ、今では冗談を言い合える仲になることができました。   私は、皆さんが人に感動を与えられる素晴らしい力を持っていることを知っています。 この目でみてきました。自分の選んだ道を信じ、突っ走っていってください。   最後に、偉大なる先輩の言葉を送ります。 『死ぬ気でやれば、死ぬ前にできるさ』!!」         「答辞 このような盛大な卒業式を開いていただきまして誠に有難うございます。 入学して、あっという間に卒業式です。 でも、あっという間の時間の中には沢山の思い出がギッシリ詰まっています。 底なしの才能を刃物のようにふりまわす後輩に、先輩の威厳を保とうと必死な時もありました。   ワガママな僕たちを支えてくださったスタッフの方には、感謝してもしきれません。 僕たちを我が子のように接し、愛情をたっぷり注いで下さいました。   これから社会人として生きていきます。不安もありますが 講師の方たちの言葉を思い出せば、最善の道を選ぶことができます。 これからも、変わらぬご指導をお願いします。   最後に...この言葉をもって答辞とさせていただきます。 『私のことは忘れても、バンタンのことは忘れないで下さい』!!」     バンタンデザイン研究所 酒井稜太君の情熱的なスピーチに、 会場中に笑い声と拍手喝采が巻き起こりましたウッシッシ (顔)     胸に迫る答辞の後は、高橋誠さんとバンドによる素敵な音楽のプレゼントるんるん (音符)     オリジナルナンバー「こどものゆめ」や 「アナザースカイ」のメロディーが優しく響きますほっとした顔     式の後は、記念撮影大会うれしい顔 みんなの晴れやかな顔には、未来への期待感がにじんでいます。       今までの思い出、友人、講師との関係を大切にしてくださいねぴかぴか (新しい) そして、いつでも母校に遊びに来てください。 講師一同、スタッフ一同、皆さんとの絆を これからも大切にしていきたいと考えていますほっとした顔

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報