製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

レコールバンタンの特別授業を一般公開!
「Chef's BATON - シェフズ バトン -」
業界をけん引するトップシェフからの応援メッセージ講演会 (バトン形式で様々なシェフが登壇します!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.10.01東京大阪

授業/特別講師/講演会

本文ロゴ2.png

 

食業界をけん引するトップシェフが

飲食業界での生き方や考え方を伝える

特別講義シリーズ「Chef's BATON(シェフズバトン)」をオンラインで一般公開します。

 

WITHコロナ時代の今だからこそオンラインでつながり、

食業界を目指す全ての若い世代に向けて、

現場で活躍しているトップシェフの今の想いを伝える場を提供し、業界の活性化に貢献します。

 

 

■Chef's BATONを通して皆さんに伝えたいこと!

 

本特別講義は技術を教えるのではなく、飲食業界で働くプロとしての生き方や考え方をお話いただきます。

 

「気づき」を得て、夢へのモチベーションを高めてもらいたい。

コロナ禍においてシェフを目指すみなさんの不安を解消したい。

高級なレストランに行ったことがなくても、シェフという仕事の幅やできること、WITHコロナ時代だからこそ料理を作るだけでないシェフの仕事の可能性を知ってもらいたい。

 

※コロナ禍におけるレストランの現状に焦点を当て、緊急事態宣言期間中の休業時や営業自粛時の影響やどのように過ごしたかを聞き、

WITHコロナ時代の料理人としての精神についてお話します。

その他、シェフを目指すきっかけやシェフという夢を持つ大切さを伝え、質疑応答の時間では受講生が抱える疑問に直接シェフがお答えします。

 

 

■登壇講師スケジュール

日時/講師

 

 【第2回】 2020年10月31日(土) 14:00~16:00

マルゴット・エ・バッチャーレ 加山賢太シェフ
1984年、広島県生まれ。料理人の父親の背中を見て育ち、18歳で料理の道を志す。「モナリザ」「リューズ」「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」「カンテサンス」などで修業。フランス料理店だけなく日本料理「元麻布かんだ」でも経験を積んだ異色の経歴を経て「マルゴット・エ・バッチャーレ」のシェフに就任。2015年、「RED U35」ゴールドエッグ(ファイナリスト)に選出され、世界ガストロノミー学会「新進気鋭シェフ」に日本人として初めて選ばれるなど、和の技術をフレンチに昇華する気鋭の料理人として世界が注目する。

 

HP 加山シェフ.jpg

 

 

 【第3回以降】 予定講師  

ハレの日だけのレストラン 薬師神陸シェフ

虎ノ門ヒルズに今冬「ハレの日だけのレストラン」を出店予定。

 

 

 

■予約方法 (参加費無料)

  〈ご予約はコチラから〉

※バンタン生、他校専門学生、これからシェフを目指したい方、業界のみなさま、保護者のみなさま、誰もご参加可能です。

※オンライン視聴は「ZOOM」を使用させていただきます。事前にダウンロードと設定をお願い致します。

  「ZOOM」のダウンロードはコチラ

 

 

■講義終了後も下記にアーカイブとして映像を残していきます。

 

【第1回】 2020年10月11日(日) 14:00~16:00

sio o/sio 鳥羽周作シェフ

▶映像はこちら 

‐鳥羽シェフ プロフィール‐

1978年5月5日生まれ。サッカー選手、小学校教員を経て、32歳で料理の世界に飛び込んだ異色の経歴の持ち主。「DIRITTO」「Florilege」「Aria di Tacubo」などで研鑽を積み「Gris」のシェフに就任。

2018年7月、オーナーシェフとして自身のすべてを出し尽くしたレストラン「sio」をオープン。緊急事態宣言後に、お店のレシピを公開したことがきっかけとなり、2020年9月28日に初のレシピ本『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』を出版。 

HP 鳥羽シェフ.jpg

 

 

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報