製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

オータムセミナー開催!人気モデル古川優香ちゃんと韓国のマカロン「トゥンカロン」作りにトライ!【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.12.01東京

イベント

 

レコールバンタン東京校の授業&雰囲気をリアルに感じられる

オータムセミナーをレポートします

 

スクリーンショット 2020-12-01 190704.png

▲イベント当日の動画は↑の画像をタップ

 

 

 

今回教えてくださるのは、レコールバンタンの卒業生で

フリーランスパティシエとして活躍する向井聡美講師です!

 

そしてスペシャルゲストとして

人気モデルの古川優香ちゃんに来ていただきました!

 

「今日は韓国のマカロン『トゥンカロン』を作ります。

マカロンを太くした感じですね!

3色の生地と3色のクリームを使うので、

可愛く仕上げてもらえたらと思います!

 

1.jpg

「古川優香です。よろしくお願いいします!

慎重にうまくできるように頑張ります!」と、にっこり

 

さっそくマカロン作りがスタート!

まずは向井講師のデモンストレーション(実演)からです

 

向井講師

「マカロンの生地って、何でできていると思いますか?

実は、アーモンドパウダー、砂糖、イタリアンメレンゲの3つでできています。

イタリアンメレンゲとは、卵白にグラニュー糖と水を煮詰めたシロップを合わせたもの。

一般的なメレンゲよりも弾力があるので、失敗しにくいんですよ

 

2.jpg

1.鍋に、グラニュー糖300gと水75gを入れて、117℃まで煮詰めてシロップにします。

2.卵白100gに色粉を入れます。

  色粉の量によって、生地の色合いが変わります。

3.2に1を少しずつ加えていきます。

  ミキサーにシロップを入れるときのポイントは

  「ミキサーのボールの壁に沿わせて、少しずつ入れるといいですよ!」

 

メレンゲが出来上がると……

優香ちゃん「つやっつやですね!

向井講師「糖分が多いからツヤが出るんですよ!」

 

4.ボールに、3とアーモンドプードル100g、粉糖100gを合わせます。

  ボールの側面に押し付けるようにして混ぜ、泡をつぶしていきます。

  向井講師

  「マカロンは混ぜ方が難しいですよね。

  目安は、生地がゆっくりたれていくような質感です」

5.6の生地を絞り袋の中に入れて、パッドの上に絞っていきます

 

3.jpg

向井講師

「丸型を絞る時のポイントは、絞り袋を垂直に持つこと。

2つの生地を重ねるので、必ず同じサイズにすることが大切です!」

ハートは、斜めの線を2つ作るイメージで。

 

講師のデモンストレーションを見てから、

参加されたみなさんも優香ちゃんと一緒に早速実習に入ります。

これは普段の授業と同じ流れですね

 

4.jpg

優香ちゃんが作っているのは、ウサギと花

「安定の丸も作ろう~!」と、

楽しみながら作業を進めていきます。

 

5.jpg

みなさんも、思い思いの形に生地をしぼっていきます

 

生地ができたら焼いている間に向井講師から

しぼりのデモンストレーション!

 

6.jpg

向井講師

「ポイントは、ソフトクリームみたいにしぼること

モリモリにしたほうが可愛いです。イチゴを見せるように飾ってもいいと思います」

 

出来上がりは……

 

7.jpg

「可愛すぎて、オモチャみたいキーホルダーにしたい!

と、優香ちゃんも大満足

 

8.jpg

セミナー受講生も、仕上げのデコレーションにトライ!

フレッシュなイチゴをのせたり、「アラザン」や「トッピングシュガー」をトッピングして、カラフルに仕上げるコも

 

作り終えて……

 

9.jpg

「マカロンを作ったことはありましたが

メレンゲで失敗しちゃうのでコツがわかって良かったです

「クリームをしぼるのが難しかったけど、可愛く仕上がって嬉しい

と、参加したみなさんも満足そうな表情を浮かべていました。

 

 

<古川優香ちゃん×パティシエ向井講師トークショー

後半は、プロとして活躍するおふたりに質問していきます

 

10.jpg

―――― 今の仕事を始めるキッカケは?

優香ちゃん

「なんとなく動画をアップしていたことの延長線で、仕事になった感じです。

始まりは、ほんまにフザけた動画ですね。実は進路は決まっていましたが、

高3の時自分の直感に従ってこの道を選びました。

やりたいことを発信しているので毎日楽しいです

 

向井講師

「小さい時からお菓子作りはしていました。

TVでパティシエの対決をやっていて『こういうのを作れるんだ!』

と思ったことがキッカケです

 

 

―――― 仕事のやり甲斐は?

優香ちゃん

「自分が楽しいと感じたことをやっているので、

コメントや再生回数が多かったりすると嬉しい。

好きでやっていることをみんなが評価してくれると

『もっと頑張ろう!』って思えますね

 

向井講師

「自分が考えたものがお菓子として形になるとき。

優香ちゃんと同じように、それを皆さんに評価してもらえると嬉しいですね。

あとは、自分の中の『こうありたい、こうなりたい』という目標を

一つひとつクリアしたときです」

 

11.jpg

―――― 元気の源は?

優香ちゃん

「愛犬!ふわふわした動物に、すっごく癒されています

あとは好きなものを食べたり、みんなから応援されたりすると、

お仕事頑張ろうって思えます」とメッセージ。

 

また、ここで嬉しいサプライズ

実は、全員のトゥンカロンを優香ちゃんに

こっそり審査してもらっていました

0285_85D_7860.jpg

優秀賞に選ばれた2名には

優香ちゃんがプロデュースしたグッズをプレゼント!

受賞した参加者は、予想外のプレゼントにとても嬉しそうでした

 

13.jpg

優香ちゃん

「今日はありがとうございました!

校舎中、甘い香りに包まれてハッピーでした。

おいしいものを食べることって、

人類みんなを幸せにする力があると思います。

食の道に進まれる方は、ぜひ頑張ってください!

 

向井講師

「お疲れさまでした。難しいポイントもあったと思いますが、

形になっていく面白さも感じてもらえたのではないかなと思います。

せっかくの機会なので、ぜひ、パティシエという仕事にも

興味を持ってもらえたらなと思います」と、

笑顔で締めくくりました

 

マカロン作りのポイントはもちろん、

レコールバンタンの雰囲気や授業スタイルの一部を

知ってもらえたのではないでしょうか。

 

食の分野の進路を考えている方や、

食の業界のお仕事に興味がある方にとって

有意義な時間になったのではないでしょうか

 

0236_85D_7777.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報