大人気Youtuberそわんわんちゃんと!色鮮やかなフルーツタルトにチャレンジ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022.03.12東京

イベントその他

今回は先日レコールバンタン東京校で行われた、スペシャルゲストもお招きしたオープンキャンパスのレポート!
 

0098_85D_1252.jpg

 

「こんにちは。今日はよろしくお願いします!」と明るく挨拶してくれたのは…

Youtuberやモデルなど幅広いジャンルで活躍されている、そわんわんちゃん

 

今回の講師は、レコールバンタンの卒業生で、数々のコンテストでの受賞歴をもちテレビやメディアでも活躍するパティシエ、向井聡美さんです

早速、向井講師によるデモンストレーション(作り方の実演)へ!
 

0012_85D_0993.jpg

 

<黄色のフルーツタルト>

まずは、カスタード作り!

  • ① 鍋に牛乳、バニラを入れて温めます
  • ② ボールに卵黄、グラニュー糖を入れ、ホイッパーで全体が白くなるまぜ混ぜます。
  • ③ ②のボールに、薄力粉、コーンスターチを入れます。
  • ④ ③のボールに、温めた①を入れます。
  • ⑤ ④を鍋にうつし、中火から強火で加熱します。
       ヘラで全体を混ぜながら、とろみをつけていきます。シャバシャバ状態から水分が少しずつ飛んでいきます。
  •  

向井講師「ポイントは、ダマを作らないために混ぜ続けること。一見すると均一に見えますが、

特に鍋底のはじを意識してください。自分から向かって奥側は混ぜやすいけれど、手前は混ぜにくい。なので、特に鍋の手前を意識して

 

  • カスタードクリームの状態がゆるくなってきたら、バットに広げて急冷します
     

0032_85D_1078.jpg

 

向井講師「さて、問題です。なぜ急冷するのでしょうか?」

 

そわんわんちゃん「バイ菌を殺すため……?」

向井講師「惜しい!卵の菌を繁殖させないためです。卵の菌はぬるい温度帯で最も繁殖しやすいです。
なので薄く広げて、冷凍庫で急冷することで菌の繁殖を防ぎます」と説明

 

  • 冷やしたカスタードクリームを絞り袋に入れて、タルト生地の中央にしぼります。
  • オレンジ、グレープフルーツ、シャインマスカット、マンゴーの中からお好みのフルーツやエディブルフラワーをあしらいます

 

向井講師「デコレーションにルールはありません。しいて言えば、イチゴやブルーベリーなど色が濃いものは最後に飾るといいです
また、サイズは全てバラバラにするか、均一にするのか、どちらかの方が綺麗な印象になると思います」とアドバイス

 

0083_DSC_5138.jpg


  • タルトをお皿に盛り、マンゴーソースで線を描きます。

向井講師「生クリームを、温めたスプーンですくって楕円形に盛り付けます。これは『クネル』といって皿盛りのデザートによく使います
 

0084_DSC_5145.jpg

 

講師のデモンストレーションを見た後は、ここまでの工程を実際に行っていきます。

 

そわんわんちゃんも、受講生と同じように作ってみます

特に、加熱はスピーディにかき混ぜないといけません。時間との勝負

向井講師「焦げてしまうと、カスタードクリームに焦げの味が入ってしまって美味しくありません。手早く、混ぜてね!」とポイントを教えます。
 

0028_85D_1066.jpg

 

「上手にできてるね~!美味しそう!」と各テーブルを回って参加したみなさんに一人ずつ声をかけてくれるそわんわんちゃん

みなさんビックリしつつも、フレンドリーに話しかけてもらえてうれしそう


0036_85D_1093.jpg

 

 

<そわんわんちゃん×向井講師トークショー>

0119_85D_1297.jpg

 

――― レコールバンタンの実習はいかがでしたか?

そわんわんちゃん「学生の頃の調理実習の授業を思い出しました。作る楽しみもあるし、食べる楽しみも感じられました

 

0138_85D_1335.jpg

 

――― おふたりとも、好きなことを仕事にされていると思います。今のお仕事を目指すキッカケとやり甲斐は?

向井講師「私は、幼いときからお菓子を作っていました。キッカケは『TVチャンピオン』という番組です
パティシエが飴細工などを作っている姿を見て、凄いなと感じました。親には『お仕事になると大変だよ』なんて言われたけれど、
大丈夫!という感じでまったく不安はありませんでした。これまで仕事をしていて、一度も辞めたいと思ったことはないです
好きなことを仕事にできて生活できているので幸せだと思いますsmiley」とメッセージ。

 

そわんわんちゃん「Youtuberを始めたキッカケは、私になりすました人がチャンネルを作って投稿していた事です。
周りからも『YouTubeやってる?』と聞かれるようになって、それなら本人がやろうと自分で始めることにしましたfrown
広告やモデルのお仕事をさせていただいていますが、実は自分で企画書を作ったり、DMを送ったりして実現したお仕事もあります。
チャンスを待つのもいいけれど、自分から積極的にアプローチするのもいいと思います。成長するスピードがより早くなると思います


 

――― 最後に、みなさんにメッセージをお願いします!

0132_DSC_5172.jpg

 

そわんわんちゃん「今日はありがとうございました!最初はできないことの方が多いと思うし、うまくいかない方が普通!
できるようになるために、スクールに通うんだと思います。焦らず自分のペースで頑張ってください!」とエールを送りました

 

向井講師「今日、みなさんのサポートに入ってくれた在校生も入学時はまったく何もできないところからスタートして、
人をサポートできるまでに成長しました入学したら、今日のレシピも材料の計量から行います。心配かもしれませんが大丈夫です
楽しみにしていてください!」

 

フルーツタルト作りから、トークショーまで充実した時間となりましたね

 

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報