製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

パティスリー界を代表するトップパティシエのクリストフ・アダムシェフが来校!【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.04.24東京

授業/特別講師/講演会

 
世界を舞台にデビューをめざせるレコールバンタン。
 
今回は、パリの中心、マレ地区にあるパティスリー「エクレアドジェニ」から、クリストフ・アダムシェフが来校sign03
 
0067_DSC2188.jpg
 
パリ市民を虜にする美しいエクレアのとっておきレシピを教えてくれましたshine
作るのはマロンクリームのエクレア♪
 
アダムシェフは、学生に体験させながら教えるスタイルです。
学生を指名して、手順を見せたらすぐに実践させてくれました。
 
0185_DSC2335.jpg
 
0190_DSC2343.jpg
 
飾り付け用のクッキーにジャンドゥーヤをハケで塗ったり、焼きあがったエクレアの生地を切ったり...。
すべてがパリ有名店のシェフからの直伝ですwink
 
0225_DSC2382.jpg
 
0254_DSC2412.jpg
 
シェフはとってもフレンドリーで、学生にどんどん話しかけてきます。
 
「日本で一番有名なパティシエは誰?」
 
と学生に前ふりをしておいて、
 
「じゃあ、パリで一番有名なパティシエは?」
 
と自分をアピールする当たり、ユーモアとエスプリが効いてますsmile
 
0201_DSC2356.jpg
 
そうこうしているうちにシェフ、いつの間にかデモンストレーション台から離れて学生の中に紛れ込んでいます!
 
「教えるほうが座るなんて、これは今までにない!」と上機嫌♪
 
0280_DSC2441.jpg
 
さらに、
 
「日本でお店を持つなら...日本限定の抹茶のエクレアを創りたい。たとえば...ちょっと紙とペンある?」とおもむろに新作のイメージを練りだしましたeyesign01
 
0287_DSC2448.jpg
 
まさに新しいスイーツのアイディアが生まれた瞬間に立ち会った学生たち。
シェフの自由さとおおらかさは、スケールが違いますね。
 
さて、肝心のエクレアは、最後に柚子を削りかけ、金箔をデコレートし、ついに完成ですflair
 
0295_DSC2463.jpg
 
今回はもう一品、目玉焼きに見立てたユニークなムースのスイーツも教えてもらいましたshine
 
0071_DSC2193.jpg
 
黄身の部分は、フルーツのジュレになってます★
 
0097_DSC2224.jpg
 
さあそれではおまちかねの試食タイムdelicious
ムースのスイーツは、その軽い口当たりやフルーツのジュレの爽やかな香りが絶妙ですheart
 
0305_DSC2476.jpg
 
そしてマロンクリームのエクレアは、マロンクリームとトッピングしたオレンジのコンフィのマリアージュが最高でした。
 
学生は
「日本では考えられない斬新な組み合わせ。マロンもクレモンティーヌも味の主張が強いものなのに、全然ぶつかり合っていない。そのバランスが勉強になりました」
と感心しきりです。
 
また
「細かい手順にこだわらない、シェフのスタイルは斬新。プロがこだわるポイントが違うことを改めて学びました」
と刺激を受けたようです。
 
最後は
「ありがとうございます、シェフ!」
と挨拶で締めました。
 
シェフのパリのお店では、レコールバンタンの海外デビュープログラムに挑戦した学生を研修のために受け入れてくれたこともありました。
またお会いする機会もあるかもしれませんshine
 
0271_DSC2431.jpg
 
0118_DSC2247.jpg
 
気さくなシェフに、本当に感謝です!
 
 
■エクレアドジェニ
http://www.leclairdegenie.com/
 
 
 

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報