製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

JBAインストラクターから直接学べる!「JBA認定講座」【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.07.02東京

授業/特別講師/講演会カフェ実践デビュープログラム

レコールバンタンは、日本で唯一日本バリスタ協会(JBA)認定校

 

日本バリスタ協会(JBA)インストラクターで

エノテカバール プリモディーネのオーナーバリスタでもある

篠崎好治氏を講師に迎えて、バリスタの資格取得へ向けて授業を行っています

 

 

バリスタの試験はレベル1~レベル3まであり、この日はレベル1の授業

 

試験は

筆記50問

実技

の2つから構成されています

 

実技は

エスプレッソ8杯

カプチーノ6杯

を10分で作り、今回はエスプレッソ8杯の実践授業

 

 

まずは、篠崎講師のデモンストレーション

066_0821_LV_サマコレ2.jpg

 

1,グラインダーというコーヒー豆を挽く機械で、ホルダーに挽きたての新鮮な粉を入れます

2,粉を平らにし、タンピングをして空気を抜きます

3,エスプレッソマシーンにホルダーをはめてカップをセット

4,抽出ボタンを押して抽出し、完成です

 

 

 

デモンストレーションが終わると、いよいよ学生さんの番です

 

 

グループに分かれ、目標タイムを決めてストップウォッチを片手に実践

038_0829_LV_JBAライセンス.jpg

 

「これ、どうやるんだっけ?先生ー!」

「2分21秒…ちょっと遅かった。。」

など、みなさんが一喜一憂している中

 

「2分10秒ピッタリ!すごーい!!」

と、目標タイムちょうどの学生さんがいて、みんなで拍手

 

 

ゲーム感覚でワイワイ楽しそうにエスプレッソを作り、今度は2周目

055_0829_LV_JBAライセンス.jpg

 

1周目で使い方やコツも分かったので、2周目は落ち着いてスムーズ

1周目よりも、みなさんタイムが早くなっていましたよ

 

 

「レベル1の授業なので、まずは時間よりも基本をしっかりさせることが大切ですね

それができたら、あとはお客さん目線になって台とかをキレイにしたりね」

と、篠崎講師

 

041_0829_LV_JBAライセンス.jpg

 

同じ機械を使って使い方さえ分かれば、同じものを作ることができる

というわけではないのだそう

 

空気を抜く加減などが少し違うだけでも風味が大きく変わってくるので、

楽しみながら学べて、細かな点も実技試験にも活かすことができますね

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報