製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

お台場Venus Fort「パリ祭2015」にレコールバンタン高等部×森永製菓スイーツワークショップが登場!【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.28東京

イベントパティシエ実践デビュープログラム

7/18〜20の3連休、お台場ヴィーナスフォート「パリ祭2015」にて、
「親子で一緒に楽しめる スイーツワークショップ&ドリンクワークショップ」が、
開催されました!

 

 

001.jpg

003.jpg

 


高等部パティシエ専攻1年生は

「森永のホットケーキミックスでつくるワッフルキャンディー」
を提案します♪


実は、今回のイベントは高等部1年生が、

初めて現場にデビューする記念日でもあるんですよ

 

013.jpg


それでは、実際にワークショップを体験してみましょう!

 

予約した親子がやってきました。

 

学生「お名前はなんていうの?」
参加者「ハルキです」
学生「ハルキ君ね!じゃあ、コックコートを着よう!」
と、コックコートを着るお手伝いからスタート。

 

これは、レコールバンタンの学生が使っているものと同じデザインなんですよ!

子供たちも、小さなパティシエになれたみたいで、とっても嬉しそう

お父さん&お母さんも、我が子のキュートな姿に、笑顔で写真撮影

 


さーて、いよいよワッフルをデコレーションします

 

机には、「プラチョコ」で作った花やカブトムシ、

「アラザン」とよばれる糖衣菓子(シルバーや、ピンクなどとってもカラフル!)

湯せんにかけたホワイト&ブランチョコレートなどがズラリ。

 

 

2015_0718_0393.jpg

 


好きなトッピングをつかって、プレーン味、メープル味、バナナ味の

ワッフル3本を自由に飾りつけます。

 

 

007.jpg

 

 

「お花畑みたいにするー
「私は、白いチョコレートをたっぷりつけたい

 

と、みんな目をキラキラさせながら夢中で取り組みます。

 

 

005.jpg

 

 

手が止まっている子には……
学生

「ココに、このキレイな粒(アラザンのこと)をつけるのはどう?」


と、子供が分かるような言い回しにしたり、

子供と同じ目線に立って話しかけたりと、細かく心を配る場面も。

 

006.jpg

 


また……


「アイスティーです。よろしければ、どうぞ
と、調理・バリスタ専攻の学生たちがお持ち帰り用のドリンクを運んできてくれました

彼らも「親子で楽しめる 夏のさわやかドリンク」というワークショップを実施し、大好評だったんですよ!

 

専攻が違っても、ワークショップを成功させたい!という気持ちはひとつなんですね

さぁ、可愛くデコレーションができました

 

008.jpg


「ワッフルが乾くまで、お兄さんと遊ぼう!」と、

トランンプを持参してマジックを披露する学生もいましたよ。


できたら、透明な袋に入れて、白&青&赤(フランスのトリコロールカラー!)のリボンで結んでお渡し

 

011.jpg

 

子供「楽しかったー!」
お母さん「うちの子、お菓子作りがすごい好きなんです。学校はどこにあるんですか?」
学生「私たちの校舎は、中目黒駅の近くにあります」


子供にデコレーションを教えるだけが、お仕事ではありません。

目上の方と、しっかりとコミュニケーションを取れるかどうかも求められます!


学生「ファミレスでバイトしているんです。その経験が活かせました!」
学生「教えたコから『お姉ちゃん、一緒に写真撮ろう』って、笑ってくれたんです。すごく癒されました♡」

 

宮内講師

「比較的人見知りな学生が多く、緊張していたかもしれません。

でも、積極的に子供たちと触れ合うことができていて、良かったと思います」

 

 

最後は、「LV」ポーズで記念撮影♪
レコールバンタンの代表として、イベントを無事に成功させました

 

2015_0718_0389.jpg

Très bien(トレビアン/素晴らしい)!!

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報