製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

おいしい世界遺産が集結!? ”Sweets Live Collection”@六本木ヒルズカフェ〜第一部〜【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.11.25東京

イベントデビュープロジェクトコンテスト

世の中に、スイーツの可能性を発信していくイベント

Sweets Live Collection(スイーツライブコレクション)

 

003.jpg

 

今年は「outstanding universal value〜スイーツ×世界遺産〜」をテーマに、
六本木ヒルズカフェで開催されました。

 

002.jpg

001.jpg

 

ゲストを迎えるのは、6種類の色あざやかなケーキ。
「スイーツ×世界遺産」をテーマに、学内専攻を勝ち抜いた6作品です

 

006.jpg

0342_NLT3573.jpg

 

また、鍋田講師によるピエスモンテ作品「IKEBANA アンコールワット 壮大 by nature」、
planticaのフラワーアートが、ゲストを魅了します

 

004.jpg

 


まずは、スイーツライブコレクション第一部をお届けします

 

今年で8年目を迎える

「Next Patissier Contest(ネクストパティシエコンテスト)」


審査員には……

 

アンヴデット 森 大祐シェフ
ダロワイヨジャポン 中野 賢太シェフ
エクラデジュール 中山 洋平シェフ
オクシタニアル 中山 和大シェフ
甘党男子 ヒキノ トオルさん
日仏商事株式会社 上村 究さん
パティスリー&カフェ デリーモ 江口 和明シェフ
東急百貨店渋谷ヒカリエShinQs営業統括部 薮崎 崇さん


をお招きしました

 

014.jpg

 

今回は「世界に千以上ある世界遺産からオマージュを得て、フランス菓子を作る」というもの。

 

グランプリに選ばれた学生たちは、渋谷ヒカリエShinQsで、
オリジナルスイーツを販売する権利を獲得することができるとあって、

学生たちにも気合いが入ります

 

013.jpg

 

学生たちのプレゼンテーションをダイジェストでお伝えします。

まずは、レコールバンタン東京校パティシエ専攻 桑原 沙侑さん。

 

018.jpg

 

審査員には、プチガトー(フィンガーサイズのケーキ)も提供します。

まず、オリジナルサウンドに合わせて、砂糖で流線を描き、

中国の丹霞地形を表現するパフォーマンスを披露。

 

016.jpg

 

「私は、丹霞地形にオマージュを得て、スイーツを作りました。

私は人工的な建造物よりも、自然が生み出す美しさに惹かれたので、この遺産を選びました。

それでは、ケーキの構成を説明します。

生地の上に、ジャスミンの風味をつけたガナッシュ、アプリコットムースとアプリコットジュレを使用し、

ジャスミンの香りをつけたシャンティキャラメルでコーティング、メレンゲでデコレーションしています」

 

 

続いては、レコールバンタン大阪校パティシエ専攻 唄 あかりさん。

 

020.jpg


パフォーマンスタイムでは、プレートの上に、ソースをあしらい、桜の花びらを散らしました。

 

「私のスイーツは、富士山にオマージュを得たムースショコラです。

日本の食材を使って、フランス菓子を作りたかったので、縁起がいい赤富士を選びました。

食べた人が幸せになって欲しいという想いを込めています。ビスキュイの上に、苦めのチョコレート生クリーム、

さらに、半球のフランボワーズコンフィチュールには日本酒をきかせ、その中にグロゼイユ(赤すぐり)のジュレを入れ、

全体をユズとホワイトチョコレートのムースでおおいました。ムースを山の形にして、赤いピストレをかけています」

 

019.jpg


レコールバンタン東京校 高等部パティシエ専攻 望月 奈生さんは、
白亜の塔をふたつ建てて……プレゼンテーションスタート!

 

0296_NLT3496.jpg

 

「私はインドのタージマハルからオマージュを得て、MuMuと名付けたケーキを考案しました。

なぜタージマハルを選んだかというと皇帝が亡くなった王妃のために作った、

可愛らしい建物の形を表現したいと思ったからです」

 

022.jpg


ムースにはチャイティーを、底生地にはシナモンを使うなど、味でもインドらしさを表現。
また、センターに甘酸っぱいイチゴのクレームとジュレを2層に入れ、皇帝と王妃の愛情を表現しました。

 

 

「私が選んだのは富岡製糸場です。選んだ理由は、群馬県出身でなじみがあるからです。

ケーキには、フランス語でまゆという意味のcoconと名づけました。

ほうじ茶のサブレ、ほうじ茶のショコンド、ほうじ茶のムースに、フランボワーズのジュレをのせ、

この層をショコラブランのムースが囲む構成になっています」


と、プレゼンしたのは、木骨煉瓦造り、という建築法からスイーツを発想したという

レコールバンタン東京校パティシエ総合科 冨成 都姫さん。

 

024.jpg

 

ショコラブランで造った「まゆ」も印象的です。

 

0381_NLT3617.jpg

 

 

レコールバンタン大阪校パティシエ総合科 芝 恵里さん
「私が選んだのは故郷にある熊野古道です。そこは豊かな木々があふれ、

とても静かな場所で、旅人たちによって巡られてきました。

認知度が低いので、色々な人に知って欲しいと思いました」

 

029.jpg

 

コーヒーダモンドの中に、マルセラ酒でつけこんだイチジクが埋め込まれています。

その上にピスタチオのシブースト。また、審査員に提供されたガトーでは、

雨の雫や霧など、熊野古道の神秘的な雰囲気も演出しました。

 

028.jpg


最後は、レコールバンタン東京校高等部パティシエ専攻 柴田 真実さん。

 

032.jpg


「パリ研修に行った時に、ノートルダム大聖堂を見ました。

建築や重厚な雰囲気を感じをスイーツにしたいと思いました。

最もこだわったのは、センターのフランボワーズにローズの香りづけをしたことです。

バムースの上にローズのジュレをのせ、ショコラのワールのムースで囲んでいます」

 

030.jpg


また、バラの花を飾りにも活用。

なんでも、ノートルダムとは、聖母マリアのことを意味するそうで、

聖母マリアを象徴するバラをふんだんに使ったのが特徴です。

 

 

果たして、栄光を手にするのは……

 

015.jpg

 

第二部に続きます

 

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報