製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

カフェの未来を切り拓く!「CAFE GROOVE 2015」開催!ーPART2ー【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.02東京

イベントデビュープロジェクト

モンスーンカフェ代官山にて開催された 『CAFE GROOVE 2015(カフェグルーヴ)』 では、

カフェ分野に特化した3つのコンペティションが行われました。

 

前回は「ネクスト・ジェネレーション・バリスタコンペティション」の模様をお送りしましたが、

続いては、「オリジナルワンプレートコンペティション」へ。

 

『Sound』をテーマに、6名の学生が、至極の一皿を提案します。

 

レコールバンタン大阪校 カフェ総合科 中越さんがイメージしたSoundは、アメリカン・カントリー・ポップス。

「Girl’s Party POPS」では、ウエディングケーキのようなホットケーキと、ミニハンバーグがコラボ

 

0330_DSC0709.jpg

0629_NLT4944.jpg

 

デミグラスソースにミックスベリーとカシスを合わせたオリジナルソースで召し上がれ

 

松城さん

「売価は?」

 

中越さん

「1,000円です。原価は340.5円です」

 

0631_NLT4948.jpg

 

 

 

フードスペシャリスト総合科 仲田くんは、「鯛と米の三度楽しめるコースプレート〜春の訪れ〜」を提案。

 

0612_NLT4915.jpg

0597_NLT4887-Edit.jpg

 

ベートーベン ヴァイオリンソナタ第5番「春」にちなみ、鯛(ヴァイオリン)と米(ピアノ)を主役に。

来場者にふるまわれたプレートには、食用菊のお浸し、リンゴ酢のピクルス、鯛とお米のすり身ムースと見た目にも鮮やか!

 

 

「不気味なものが作りたかったんです」と、シェフ&フードコーディネーター総合科 鎌田さん。

 

0336_DSC0721.jpg

 

仮面舞踏会の音楽をテーマに「陰と陽〜2つの世界〜」は、アメリケーヌソースのリゾットの上にマッシュポテト、

チリコンカンの上に黒いクレープ生地をのせ、まさに陰と陽の世界。

 

0585_NLT4872.jpg

 

松城さん

「ちなみに……このグラスは?」

 

鎌田さん

「トマトを使ったサイドメニューです。お口直しに添えました」

 

 

 

フードコーディネーター専攻 大嶋くんの「五味八寸」は、

日本料理の八寸をヒントに、ゴボウとクレソンのくるみ和え、

フランス・ゲランドの塩でいただくローストビーフ&茄子の揚げ浸し、

梅肉入りのキノコの炊き込みご飯をサーブしました。

 

0560_NLT4850.jpg

0563_NLT4855.jpg

 

クラシック音楽からインスピレーションを得ています。

 

沖縄民謡をテーマにした、レストランシェフ専攻 大石くん。

 

0543_NLT4815.jpg

0546_NLT4821.jpg

 

沖縄の健康食「じゅーしー」は、ひじき、豚バラなどをふんだんに使い、隠し味には泡盛をきかせました。

温かいアーサー汁と共に。

プレゼンテーションでは、それぞれが考える「コンセプト」「売価」も細かく説明。

 

 

業界をリードする、AU GAMIN DE TOKYO オーナーシェフ 木下 威征さん、
株式会社バルニバービ執行役員 料理部・次長シェフ 松城 泰三さん

が評価したワンプレートとは……

 


コチラも、次回の記事で発表します

 

 

 

え……もうお腹がいっぱいそんなこと言わないで
 

最後に、とっておきの「ショッププランニングコンペティション」をレポートしますよ

このコンペでは、レコールバンタン東京校の予選を勝ち抜いた学生 6 名が、

オリジナルカフェの店舗企画と店舗を象徴するメニューを発表しました

 

まず、2年次カフェオーナー原田さんの「薬味を主役に」。

 

0649_DSC1161.jpg

 

煎る、する、刻む、といった薬味の色、香り、音に注目し、店舗に、「Ne coo.」と名付けました。

薬味を活かしたメニューを提案したいと意気込みます。

 

0651_NLT4979.jpg

 

木下さん

「アルバイト2名、社員1名ということでしたが、お客さんは、大体何人くらい入りますか?」
原田さん

「10〜15人くらいを想定しています」

 

0553_NLT4833.jpg

 

 

Music×Mysteryをテーマにした、カフェ・バリスタ専攻岡田さん。

本格推理小説に特化したブックカフェでは、推理小説と相性の良いクラシックやミステリーを提供します。

 

松城さん「営業時間は?」
岡田さん「モーニングからバータイムもしたいので8〜20時までです」

 

0677_DSC1167.jpg

 

 

カフェオーナー専攻 川崎さんは、湘南鎌倉エリアの古民家をリノベーションし、コミュニケーションが生まれるカフェを提案。

日によって異なるジャンルの音楽をかけ、音楽に合ったスイーツをサーブします。

 

0690_DSC1186.jpg

 

大谷さん

「初対面の人が、同じテーブルを囲むの?」


川崎さん

「同じ音楽が好きという共通点があるので、そこからコミュニケーションが生まれると思います」

 

0698_DSC1195.jpg

 

 

バリスタ専攻 井原くんは、高品質の紅茶を提供するカフェを提案。

 

0714_DSC1221.jpg

0721_DSC1230.jpg

 

ヒーリングミュージック×紅茶×空間を軸に、coordinate(座標)というショップを目指しました。

茶葉をネット通販で販売し、実店舗に利益を還元するというアイデアも。

 

木下さん

「分かりやすいプレゼンで感心しました。ところで、ネットのビジネスは、誰がするんですか?」

 

井原くん

「店舗スタッフとは別に、専門性のあるスタッフに任せたいと思います」

 

 

最後は、カフェ総合科 金子さん。

「音と味覚は関係してる」という説からSound(音)×Taste(味)laboを考案。

 

0049_DSC0251.jpg

 

音を聴かずに食べる→聴いて食べる→といった試みをまとめました。

 

実際に、音楽を聴く前と後で、味に違いがあるのか……?
審査員の方々も、真剣にパウンドケーキを味わっていました

 

0756_DSC1283.jpg

 

3つのコンペティションを駆け足でレポートしてきましたが、気になるお店やメニューはありましたか

次回は、いよいよ各コンペティションの結果発表

各部門の最優秀作品が決定します

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加