製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

スイーツ作りに夢中!高等部2、3年生パティシエ専攻、通常授業をレポート【レコールバンタンブログ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.01.24東京

授業/特別講師/講演会

今回は高等部2、3年生のパティシエ専攻の授業に密着!

 

普段の授業の様子をレポートします。

 

2年生は「アマンドショコラ」の製作をします!

まずは講師が作り方の流れを説明。

 

0002_DSC7303.jpg

 

学生は真剣なまなざしで手順を覚えます。メモを取るのも大切ですよ!

 

学生は4人1組になり、それぞれが役割分担をしながら完成へ向けて力を合わせます♪

チョコレートが固まりすぎないようドライヤーで温めながらテンパリング。

「固まっちゃう!」「難しい~」の声が次々あがります。

 

0119_DSC7492.jpg

 

テンパリング後は、ヘラにチョコレートをつけて状態をチェック。

講師に見せてOKなら次の工程へ進みます。

 

「もう少しテンパリングして」と言われた学生は再度、ボウルでチョコレートを温めます。

その結果「OK」をもらって思わず「やったー!」と喜ぶ学生の姿も。

 

香ばしく焼きあげ、キャラメリゼしたアーモンドにかけて完成させます。

 

0049_DSC7379.jpg

 

場所は変わって次は3年生の授業を紹介!

学生ひとりひとりが自分で考えたレシピでスイーツを完成させていきます。

レシピには分量や材料だけでなく、完成図をイラストで描いている学生もいて気合い十分

 

とはいえ、作っている過程で分量が合わなかったり、思うように仕上がらなかったり…

そんなときは講師に聞いてアドバイスをもらいます。

「そうすればいいんだ!」と学生も納得。実践しながら学ぶと頭に入りますよね

 

0008_DSC7316.jpg

 

学生それぞれに何を作るのか聞いてみると…。

「ムースショコラブランです。ホワイトチョコレートにさくらんぼと日本酒を少し入れた大人のスイーツを目指します」

 

「みんなとかぶらないようにバナナのケーキにしました。アクセントにフランボワーズを使っているのがポイントです!」

 

「桜のムースにいちごのジュレを乗せたスイーツ。春をイメージしました」

 

それぞれ、個性あふれるスイーツを考えているようです♪

 

ひとりですべての工程を仕上げいくので大忙し!手順を考えながら作業スピードをあげていきます。

時には学生同士、作業を手伝ってあげるなどチームワークの良さも見せてくれました。

 

完成した後はみんなで試食!

自分がレシピから考えたスイーツはやっぱり嬉しいもの。

「今日の製作を参考にして、次回はもっと違うものを作りたい」と新しいレシピ製作に意欲マンマンです。

 

 

2年生はチームワークでひとつのスイーツを完成させ、3年生は2年生で学んだ経験を生かし、ひとりで自分の考えたスイーツを作る!

こうやって少しずつ成長していくんですね

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報