製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

「ADAM'S」クリストフ・アダムシェフに学ぶエクレア2種☆パティシェ&ブランジェ本科【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.11.30

パリのパティスリー「ADAM'S」のクリストフ・アダムシェフが レコール・バンタンに来校shine 現在、日本でも発売中の著書「エクレア進化形」(小学館)で 色鮮やかで繊細なエクレアのレシピを紹介しているアダムシェフが パティシェ&ブランジェ本科の学生たちに エクレアを2種類、教えてくださるというなんとも貴重な機会ですhappy02   ロンドンの三つ星フレンチレストランであるル・ガヴロシュ、 パリのホテル・ドゥ・クリヨンを経て、1996年フォーションに入社。 その後シェフ・パティシエとして10数年もの間、活躍してきたという輝かしい経歴の持ち主。   そんな立派なシェフにもかかわらず、とても気さくな雰囲気で ご自分から学生たちに話しかけ、指導をしてくださいますlovely   ちょうどパリブレストのシュー生地にプラリネクリームを絞っている学生に 「パリブレストのおいしさを伝えるのは、 このプラリネクリームだからたっぷりと」と 高く、ふっくらと絞って見せてくれたアダムシェフ。 ノワゼットのプラリネクリームとノワゼットのコンカッセがあいまって とってもリッチな味わいのこのレシピdelicious 「今パリでは、こうしたクラッシックなタイプのエクレアに 再び人気が集まっているんだよ」とのことでした。   もう1つ、教えてくださったのは 「フレーズ・デ・ボアのエクレア マスカルポーネ入りライムクリーム」。 こちらはパリブレストはうってかわって、女性らしいエクレアです。 デモンストレーションは最後の仕上げの部分。 ライムクリームの入ったエクレアに、鮮やかなピンク色のフォンダンを 1つずつ、ひたすように丁寧につけていきます。 そして小さな花、フレッシュのイチゴのスライスなどをあしらって完成! 食べるのがもったいないような愛らしさですshine   このあとは質疑応答。   「数あるお菓子の中から、なぜエクレアを選んだのですか?」 「腕に入っているタトゥーは、何か意味があるものなのですか?」 とまじめなものから、気軽なものまで 学生たちからの多くの質問に、真摯に答えてくださいました! 今年の12月にはエクレアを中心としたお店をオープンなさるとのこと。 「旅からいろいろなインスピレーションを得るので、 この日本で経験したことも、自分の創作に反映させると思う」とおっしゃていました。 最後の集合写真では、学生たちと一緒に両手でピースをしたりと とってもユーモラスな面を見せてくださったアダムシェフ。 すばらしいお時間をありがとうございましたshine

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加