製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

bar nocturne「夜想曲」オーナーバーテンダー引屋敷講師&クラスメイトが審査!1年の集大成「オリジナルカクテル」提供をレポート【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021.02.24東京

授業/特別講師/講演会

今日は、最後の授業。ということで……

 

引屋敷講師

「オリジナルドリンクを発表してもらいます。

皆さんは1年間、お酒の勉強をしてきましたね

知識と技術は、自分のために使うと『趣味』、人のために使うと『仕事』になります。

将来、カフェやバーのオーナーになって、

どのようなお客さまにどんなドリンクをいくらで提供するか、プレゼンしてもらいます

皆さんは、プレゼンテーターでありながら審査員も務めます」

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0007_85D2900.jpg

指導するのは、bar nocturne「夜想曲」オーナーバーテンダーの引屋敷講師。

カクテルコンペティションで数多くの受賞歴を持ち、

プロバーテンダーとして飲食店向けドリンクメニュー開発や

コンサルティング業も行っています

 

学生は、持ち時間10分で、事前に準備した「オリジナルドリンク」を提供します。

引屋敷講師に提供するドリンクはグラスに、

クラスメイトには試飲カップに入れて提供し、品評してもらう仕組み

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0008_85D2904.jpg

<ドリンクの組み立て方とは?>

引屋敷講師

「ドリンクの発想にもセオリーがあります。

まず、ロングなのかショートなのか、スタイルを決めます

 

ドリンクの場合、例えばアルコール:割り材=1:2、

アルコール:割り材=1:3といった黄金比にそって、

通常使われている材料Aを材料Bに変える、というのが初級の考え方です。

中級になると、既製品を使うのではなく、割り材を自家製シロップに変えるなど、

オリジナルの材料を入れることで『シグニチャードリンク』が作れます。

上級は、割り材や配合もすべてオリジナルで開発したドリンクです。

ドリンクにまつわるストーリーやネーミングにもセンスが求められるので、難易度は高いと言えます」

 

準備と試作を経て、いよいよプレゼンテーションがスタート!

 

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0081_85D3000.jpg

<天野さん>

「二種類のドリンクを考えました。

将来は、埼玉でお店をオープンしたいと考えているので

埼玉にちなんだドリンクを作りました

ピンク色の『雪解け』は、梅酒に狭山茶が入った『ださいたま梅酒』がベースです。

もうひとつ、COEDOビールをベースにした『開花』でも、春の移り変わりを表現しました」

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0111_81D5019.jpg

「雪解け」は「ださいたま梅酒」に、フレッシュな苺、

練乳、MONINのヴァニラシロップ、MONINチェリーブロッサムを使っています

「開花」には、川越で栽培されているサツマイモを使ったビール『コエドブルワリー 紅赤-beniaka-』を65℃まで上げ、

『ださいたま梅酒』を合わせ、さらに桜の塩漬けを粉末にしたものをあしらっています。

見た目も、風味も異なるふたつのドリンク。

学生たちも興味津々で試飲していました

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0106_85D3053.jpg

 

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0132_85D3093.jpg

<山本さん>

「将来はカフェを開きたいと思っています。

今回は、20歳から25歳の男女に向けて『ジントニック-春-』を考えました。

バーに行き辛いという人もオーダーしやすいドリンクです

和歌山県産クラフトジン『香立-KODACHI-』と、

MONINライチ、フレーズ、ローズを使ったジントニックを提供。

淡いピンク色で、見た目も鮮やか!

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0140_85D3101.jpg

<樋口さん>

「バーボンがベースの『クィーンズタウン』を考案しました。

クィーンズタウンはニュージーランドにある、私の生まれ故郷です。

Hokey pokey(ホーキーポーキー)というアイスがあるのですが、

それがとても美味しかったのでショートカクテルで表現しました

「バーボン、MONINキャラメルシロップに、乾燥卵白やカカオニブを使ったドリンクは

ウィスキーが苦手な人も飲みやすいようなフレーバーと口当たりです

 

学生たちも、美味しそうに味わっていましたよ

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0164_85D3143.jpg

 

 

<常田さん>

「毎日頑張る女性に、自分へのご褒美として飲んでほしいと思い、

『Healing Tea』を作りました。

ベースは、アールグレイとレモングラスシロップ、ウォッカです」

 

紅茶を抽出したら、ウォッカ30mL、レモングラスシロップ10mL~15mL、

紅茶230mLをステア(バースプーンやマドラーなどでかき混ぜること)します。

フレッシュな苺や、お好みでレモンタイムをあしらって完成

「レモングラスには、味や香りにリラックス効果があると言われているので、

心身の疲れを癒してもらえたら」と、推しポイントを伝えます

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0157_85D3132.jpg

 

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0195_85D3204.jpg

<山下さん>

「ジャパニーズクラフトジン『季の美』をベースに、

ジン・ライムをアレンジした『ジン・シトロン』を作ります。

カクテルを作ろうとしたときに、江澤講師の授業で習った、

マルガリータのカクテル言葉や由来を参考にしました

ジン・ライムは、シェイクするだけで名前が『ギムレット』に変わってしまうのも、とても面白いと思います

 

「ジン・シトロン」は、フレッシュなスダチの清涼感が心地いい一杯です。

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0194_85D3203.jpg

 

 

こうして、すべてのプレゼンテーションが終わりました

 

 

20210208縲先肢讌ュ縲銑V_繝舌・繝・Φ繝€繝シ蠑募ア区聞隰帛クォ縲後が繝ェ繧ク繝翫Ν繧ォ繧ッ繝・Ν縲構0063_85D2973.jpg

どれも、飲んでみたくなるような魅力的なドリンクばかり!

1年間学んだ集大成として力を発揮できたのではないでしょうか。

 

クラスメイトから得た忌憚なきフィードバックを、

ぜひ今後のドリンク開発にも役立ててくださいね

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報