製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

選抜生による開業シミュレーション特別プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021.06.16大阪

カフェ実践デビュープログラム

選抜生による開業シミュレーション特別プログラムをレポート

 

こんにちは、レコールバンタン大阪校です!

全15回の講義。そして、2日間の店舗運営から構成される特別プロジェクト『FBSUP(フード ビジネス スタート アップ)』。昨年からはじまったプロジェクトのひとつで、学内から選ばれた生徒が経営学の基礎からブランドストーリーの構築、そしてメニュー開発に実際の店舗デザイン&運営までを手掛ける内容になったものです✨

 

20210529001.jpg

 

 

今回レポートするのは、2021年度の『FBSUP』第1回の授業。

講師を務めるのは、食物アレルギーを考慮したジェラート&スープで人気を集める神戸[Riccio d'oro]の代表取締役である末廣憲頼さんです。

パティシエ、カフェ、シェフ……学部を超えたメンバー7人が集まった今回のプロジェクト。自己紹介からスタートし、プロジェクトのコンセプトと目的、さらには8つの行動信念について末廣さんから学びます!

「辛いも楽しいもすべて、自分の心の置きどころで変わる」というお話や、「自分が尊敬しなければ、相手は尊敬してくれない。自分に安易な限界を設定しない」ということなど、問題発見・解決能力を身につけるために必要なことについて、しっかりと理解していきました。

 

20210529016.jpg

 

続いてはワーク。

●「お金を稼いでいる人」(犯罪者を除く)に共通していることは何でしょうか?

という問いかけに、7人全員がそれぞれの意見を付箋 に書き出し、意見を交換していきます

「月に行きたいといいがち」「肌を黒くしがち」といったネタ✨(!?)から、「創業者である」「失敗を経験している」といった真面目なものまで、驚くほどたくさんの共通項がでてきました。

 

20210529013.jpg

20210529029.jpg

 

ここで理解しておきたいのは、お金儲けは人を喜ばせた対価ということ

「技術やアイデアを素早く形にし、これがあると便利でしょ? 幸せでしょ? と人を喜ばせることで利益が生まれる。amazonのCEOが世界で一番お金を稼いでいるけれど、それは人を幸せにしたから」と末廣さん。お店を経営する、ビジネスの根幹を理解していきます

「価値とは自分が受け取る満足感。そして、価値には機能的効用と意味的効用の2つがあります」と、難しい話も高級食パンやタピオカ店を例にあげ、わかりやすくビジネスに対する理解を深めていきます。

 

20210529048.jpg

 

「授業よりも深堀りしているイメージ」とは受講生の感想ですが、本当にその通りでした。

多岐にわたり実際の事例をあげ、わかりやすいながらもお店を経営する、商品を開発するための基本的な心構えを学べるプログラムとなっていました

 

休憩を挟み、2つ目のワークを行った後は授業の振り返り。

飲食店を経営していくだけにとどまらず、社会貢献するための問題解決方法も探ることが『FBSUP』で身につく力

昨年も参加したというパティシエ科のWさんは、「前回は成功したけれど、自分のなかで思い残したことや未消化になった部分があったので、今年も参加しました。同じプログラムで1回目ではありますが、さらに深堀りできている印象です」とうれしい感想もいただきました

さて、今年のメニューは何になるのか? 実際の店舗はどうなるのか?

また、少しずつレポートしていきますね

 

20210529119.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報