製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

アクセサリーデザイナー/シャリン・カールトンさん授業【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.08.07

今回は、アクセサリーデザイナーであるシャリン・カールトンさんの授業をレポートしますsign03 午前は2年制1年次総合基礎科 午後は2年制2年次パティシエ専攻 と1日中、新しいスイーツの考え方や表現の方法を伝授していただきましたhappy01 シャリン・カールトン パリでデザインを学び、セリーヌ、ニナリッチなどの仕事に関わった後、 ルイ・ヴィトンジャパンのジュエリーデザイナーとして活躍 現在、アクセサリーデザイナー、グラフィックデザイナーとして活躍中 伊勢丹で行われている『サロンドショコラ』にshineマドモワゼルCshineというブランドで出店 *********************************** 午前の授業風景   個性の出し方について、「派手」「奇抜」「可愛い」だけの発想がよいのではなく、 その中に「わかりやすや」や出来上がるまでの「ストーリー」が大切であること を教えていただきましたflair 午後の授業風景   デザインの土台をひとりひとり学生さんが選び、伝統菓子をデザインする授業でした よかった作品が6名選ばれ、shineマドモアゼルCshineのスイーツがプレゼントされ大喜びでしたheart04 最後はお決まりのLVポーズで記念撮影scissors 学生さんからの感想note 商品企画をするときは、味覚からお菓子を組み立てていたけれど、まずお菓子のこと を忘れ、作れるか作れないかは考えずにデザインを考えるのは自分の中では新しかったです! 学生の皆さんの感覚を刺激する素敵な授業だったようですshine 今後のデビュープロジェクトに活かしてもらえると嬉しいですねup

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報