製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

パティシエ授業☆ヌガーグラッセ【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.05.14

先日行われた、 パティシエのアシェットデセールの授業の様子をご紹介しますshine   今回のテーマは「ヌガーグラッセ」 指導してくださるのは、クープ・ド・モンドの日本代表など 世界的に活躍するパティシエである、鍋田幸宏講師です。 まずは、はちみつと卵白を泡立てる学生たち。 教室には、甘い香りが漂っていますdelicious そのあとは、シュトロイゼル作り。 生地を網に通して細かくしていくのですが、 少しのんびりしていると、やわらかくなってしまって キレイな四角い形が崩れてきてしまいますsweat01eye お菓子作りは、時間との闘いでもあるんですねconfident 続いてはヌガーグラッセ作りへ。   フロマージュブランと生クリームと 先ほど泡立てた卵白を混ぜ合わせ、 その中に色とりどりのナッツやドライフルーツを入れて さっくりと混ぜ合わせますshine   「ヌガーは、見た目もとても美しいにも関わらず簡単だから、 パティスリーだけではなく、 カフェのようにスピードを求められる場所にもいいと思うよ」 と話しながらデモンストレーションする鍋田講師。 その見事な手の動きに、学生たちから「おお~shinesign03」と歓声があがりますhappy02 次は飾りに使う、Pate de cigaretteをつくります。 パットの上に生地を置き、ヘラを滑らせれば......細長いストライプ状に。 これを焼き上げて、熱いうちに丸めると クルクルとかわいらしいお菓子heart01ができあがりますlovely シュトロイゼルの仕上げをしたあと、盛りつけへ。 フランボワーズのソースと合わせて できあがりです。   型に入れたヌガーグラッセと、 スプーンで無造作に盛りつけたヌガーグラッセの、 2パターンの盛りつけを披露してくださった鍋田講師。 同じ材料を使っていても、魅せ方ひとつでこんなに印象も変わるのですねshine 試食の際、 「自分のために作るのではなく、人のために作れ。 だから、一緒に組んだ人に食べてもらえ」 と、きっぱりと話す講師の言葉に、 学生たちもプロになるための気構えを新たにshineしていましたhappy01 学校で技術を学ぶだけではなく、 プロとしての気構えもしっかりと学んでいってくださいねconfident  

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加