製菓・カフェ・調理の専門の学校

  • HOME
  • レコールバンタンとは
  • 学部・コース
  • スクールライフ
  • 就職サポート
  • 卒業生紹介
  • 募集要項
  • 動画・映像コンテンツ

ブランジェ速成科☆TOLOPAN TOKYO(トロパントーキョー)田中シェフの直伝授業【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.25

授業/特別講師/講演会


独創的なパン作りとそのおいしさで評判の池尻にあるパン屋さん
「TOLOPAN TOKYO(トロパントーキョー)」の田中真司シェフがご来校flair

2013_1029_0306.jpg

ブランジェ速成科の学生たちが直々に、レシピを伝授していただきます。

まずはクルミの入ったパン「ノワ」からbread
生のクルミを茹でて、えぐ味を除き、旨味を残したのが特徴ですshine

生地を作ったら自由に成形をします。
丸くしたり、細長くしたりだけではなくエピの形にしたり、ハート型にしたりheart

2013_1029_0025.jpg

2013_1029_0073.jpg


みんなとても楽しそうhappy02heart04

続いては、田中シェフの最初のスペシャリテである
ココアの入った甘くないパン「カカオアメール」。

2013_1029_0054.jpg

オーブンから取り出すときに、中までちゃんと焼けているかを
判断するため、パンの底を指ではじいて音を聴くシェフthink

2013_1029_0135.jpg

「パンの色が黒くて、色で焼けたかどうかを判断するのが難しい。こういう時は、音で判断をするんです。トントンと軽い音になったら、中まで火がちゃんと通っている証拠paper

シェフからのアドバイスを参考に
学生たちがオーブンからパンを取り出していきます。

2013_1029_0142.jpg

「ほかにも香りを感じたり、重さを感じたり、パンは五感で感じながら作る。
仕事場でも勉強って毎日できるものなんだよね」

というシェフの言葉に、思わず大きくうなずいてしまいますconfident

そして3 種類目は「パンドーナツ」

あらかじめ休ませておいた生地を180度の油でさっと揚げていきます。

2013_1029_0191.jpg

シェフの手でおいしそうなキツネ色に揚がった様子を見て
学生たちからは「わ~happy02」「おいしそう~sign03」と声があがりますup

2013_1029_0181.jpg

揚がったパンはきなこと、ジャムサンドの2つの味に。

仕上げのデモンストレーションをしているシェフに
「新しいパンのアイデアはどこから出るんですかsign02」と
学生から質問がeye


「小説を読んだり、映画を見たり、人と会ったりして
わき上がったものをつなぎあわせている。遊び心が大切だよねconfident

と答えてくださいました。




そしてお待ちかねの試食タイムにdeliciousheart04

2013_1029_0290.jpg

2013_1029_0245.jpg

「カカオアメール」はスライスして、チョコレートと一緒にいただきますshine

そのまま食べるのと違い、チョコレートをプラスアルファすることで味の幅がぐんと広がります。
オレンジのコンフィチュールやベリーソース、また、赤ワインソースの肉料理にもよく合うのだそうwink

最後には、4ヶ月後に社会へと巣立つ学生たちへのメッセージをいただきましたshine

「周りから何かを言われたり、怒られたりすることもあるかもしれないけれど、
慣れてくればなくなるからそういう心構えでいてください。
あとはとにかくパン作りを楽しむことhappy01

やさしくてほがらかなシェフの人柄に
大変和気あいあいとした直伝授業となりました。

2013_1029_0330.jpg

お忙しい中、素晴らしいご指導をありがとうございましたsign01


次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加