製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

ラテアートコンペティション2013【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.12.02

デビュープロジェクト

みなさんは、「バリスタ」という職業をご存知ですかhappy01sign02

近年、バリスタという職業はテレビや雑誌で取り上げられ、
20代を中心に人気急上昇中upupshine

ラテアート

バリスタといえば、「ハートやリーフが描かれたラテアート」を煎れる人
そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうかcafe

今回のコンペティションはラテアートのデザインを学生自らデザインし、
テーマに沿ってプレゼンテーションするというものflairshine

競技は事前の予選を勝ち抜いたカフェ・バリスタコースの10名によって競われましたhappy02sign03

審査員には雑誌「トップバリスタ10人のラテアート(旭屋出版MOOK)」
にも掲載されている日本を代表する3名のバリスタの方たちcrownshine

バリスタ

<東京>フリーランスバリスタ/石谷貴之 氏shine(写真左)
<京都>小川珈琲株式会社 /大澤直子 氏shine(写真右)
<大阪>BAR ZUMACCINO /東 弘和 氏shine(写真中央)

業界では誰もが憧れる存在の3名に審査されるとあって学生たちは少し緊張気味bearingsweat01

入学して8ヶ月間、一生懸命勉強してきた成果を
一杯のラテアートに想いを込めてプレゼンテーションを行ないましhappy02cafeheart01


ラテアートコンペ

_DSC5375.JPG_DSC4892.JPG

審査のポイントは
①純粋な見た目
②作り手の想い
③プレゼンテーション力

出場者を応援するクラスメイトは、
一緒に努力をしてきて苦労も知っている分、応援にもチカラが入りますsign03

ラテアートコンペ

その他、業界関係者や現役のバリスタの方、卒業生など
の観客からも多くの声援をいただきましたhappy02upup

そんななか、見事優勝に輝いた二階堂さんは
「選ばれて嬉しい気持ちで胸が一杯です」と涙を浮かべながら、
喜びの言葉を語ってくれましたweepheart01

バリスタ

入学時は未経験者ばっかりだった学生たちも、
いまでは自分ひとりでラテアートを煎れることはもちろん、
オリジナルのデザインも考えられるようになりましたnotes

今回の大会を通じて、審査員や業界関係者から
「レベルが高くてビックリした」「元気があっていいsign01
「応援するクラスメイトの姿にも感動した」などのお言葉をいただきましたsign03

大会後は審査員を務めたバリスタの方によるデモンストレーションも行われ、
学生たちは1つ1つの仕草やラテアートのレベルの高さに驚き、
そして、トップバリスタに憧れの眼差しで見入っていましたheartshine

_DSC5967.JPG

_DSC5394.JPG

この大会の様子は、
カフェやレストランの専門誌「Cafe&Restaurant(旭屋出版)」にも掲載予定ですrestaurantbook

是非、ご覧くださいwinknotes

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報