製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

タルト屋さんが限定オープン!学生が作ったタルトを販売♪【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.06東京

イベントパティシエ実践デビュープログラム

菅又シェフとコラボレーションして、レコールバンタンのボヌール校舎に

タルト屋さんが1日限定でオープンしました

 

0003_DSC6394.jpg

 

今回は、先日、販売の様子をレポートした渋谷ヒカリエでの販売に向けた

実店舗の実習をフラッフュバックレポートとしてお伝えしちゃいます★

 

在学中から自分たちで作ったスイーツを販売できるのも、

レコールバンタンならではのプログラムですよね

 

12:30のオープンに向けて、学生のみんなは朝から準備。

まずは、朝礼ですsmiley

 

0018_DSC6415.jpg

 

「本当に衛生面には気をつけて、緊張感を持ってやってください。

製造数とロス数は、そこに紙が貼ってあります。

半分ずつ、ケーキがなくなったら追加するようにしてください。」

と、講師から気の引き締まる言葉が。

 

実際のケーキ屋さんさながらに、学生たちが運営

 

仕上げのグループと店頭の準備をするグループに分かれて、

オープンまでそれぞれの作業をしていきます。

店頭の準備をするグループは、メニュー表などの小物を作っていました

 

0011_DSC6404.jpg

 

「ラミちゃんやって良い?」

「ラミちゃんって、野球選手みたい(笑)」

 

と言いながら、楽しそうにメニュー表のラミネートをする学生たち。

 

ラミネートの加工ができると、飾る場所を考えます。

 

「並べ方、どうかな?」

「その写真が上のほうが良い!」

「ちょうど額縁があるから、額縁に画像を1つ切り抜いたらどうかな?」

 

と、綺麗に見えるようにメニューや写真の配置に迷っている様子。

 

0112_DSC6541.jpg

 

店頭の準備は、小物を作って飾るだけではありません!

ご来店されたお客様を気持ちよく迎えられるように、お掃除もします。

ショーケースを拭いたり、店内の床はモップをかけたり。

もちろん店内だけではなく、お店の前もホウキで掃きます

 

一方、仕上げのグループは全員手袋とキャップをして衛生面に気をつけながら

分担をして時間までにケーキを完成させます。

 

0060_DSC6462.jpg

0096_DSC6517.jpg

 

「塩どこ?」

「泣かない粉糖は?」

 

と、いつもと違う環境でのスイーツ作りに若干戸惑っていました

 

クリームを、タルト1つずつに正確に量りながら絞ったり。

グラッサージュをかけたケーキの周りにチョコをつけたり。

見た目が全て同じになるように、1つ1つ丁寧にデコレーションをしていきます

 

0104_DSC6531.jpg

 

完成したタルトは、金トレイにのせます。

しかし、ただのせるだけではタルトが動いてしまうので、

タルトと金トレイの間に水飴を付けて固定をするんです

 

タルトが完成したらすぐにのせられるように、水飴を絞る専用のコルネを作り

水飴を中に入れ、金トレイに「の」の字を絞って準備をしていました。

 

「あと1時間だけど、みんなできそう?」

と先生が言うと、

「はい!」

「カシスきついです!」

などの声が。

 

時間との戦いに

「お菓子屋さんって、結構ハードですね!」

と、大変さを実感している学生も。

 

仕上げのグループから、店頭に完成したタルトが運ばれてきます

 

0099_DSC6521.jpg

 

「もう来てるよ!早くない!?」

と、向きも考えながら事前にみんなで考えた配置で

タルトをショーケースに並べていました。

 

0089_DSC6506.jpg

 

一般のケーキ屋さんと肩を並べるぐらいのレベルのタルトが

次々に完成し、ショーケースも宝石箱のよう

 

0160_DSC6607.jpg

0152_DSC6595.jpg

0150_DSC6592.jpg

 

オープンに向けて、みんな真剣に作業をしていましたよ

 

次の記事を見る

前の記事を見る

よくある質問

オープンキャンパス2018

Instagramバナー

卒業生紹介

イベント情報