製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」

ウエディングのゲストハウス『アニヴェルセル表参道』でプレスクール開催!【レコールバンタンブログ☆】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.08.31東京

イベントパティシエ実践デビュープログラム

レコールバンタンでは、来年入学する新入生のために、
特別な体験ができるプレスクールを5日間にわたって開催しています。

 

その初日は学校を飛び出し、流行最先端の街・表参道へ。


会場は、16年の歴史を持つウエディングのゲストハウス『アニヴェルセル表参道』

 

_F1A9018.jpg

 

そこで、ウエディング業界を知るための体験イベントが行われました!

ホンモノのブライダルが行われる場所ということで、
ネームプレートをつけた参加者のみなさんは少し緊張気味

 

_F1A8820.jpg


サポートの先輩たちも一緒のテーブルなので、ぜひ打ち解けてほしいところです。

 

まず始めに、『アニヴェルセル表参道』の支配人・滝沢様よりご挨拶がありました。

 

_F1A8852.jpg

 

「“アニヴェルセル”とは、フランス語で“記念日”という意味。
最幸の記念日をつくるために、私たちは最高の祝福をしたいと思っています。
料理は人を感動させられるものの一つ。みなさんにも、頑張ってプロをめざしてほしいです」

と滝沢様。


熱い思いのこもったメッセージ、ありがとうございます!

続いてスタッフの方に、どんなお仕事をしているのかご説明いただきました。

 
パティシエ長の長澤さんは、ウエディングケーキや、デザートビュッフェ、
併設のカフェのスイーツも担当しています。

 

_F1A8895.jpg


ウエディングケーキをデザインするときに大切にしているのは、自分の実体験とのこと。
たとえば、スキー場をモチーフにしたケーキをオーダーされたら、
自分がスキー場に行ったときの、雪山の風景などを思い出し、表現していくそうです。

 

_F1A9071.jpg


パティシエは、クリエイターなんですね!

 

若手パティシエの工藤さんは、なんとバンタンのOG。

 

_F1A8932.jpg


自分の技術で人を感動させられることに、大きな魅力を感じてアニヴェルセルに就職したそうです。
「お二人が考えた、世界でひとつのケーキをつくることに幸せを感じています!」

とコメント。

 

お仕事の充実ぶりが伝わってきます。

ウエディングプロデューサーの中村さんにも、ブライダルの仕事のすばらしさを語っていただきました。

 

_F1A8946.jpg

 

「式当日まで、打ち合わせを重ねるうちにどんどんお二人と仲良くなれるんです。
担当したすべてのお客様が大好きになり、一つひとつのブライダルが、みんな印象に残っています」

とのこと。


プレスクールのみなさんも、将来、自分のつくったウエディングケーキが、

そんなブライダルを演出することになるのかも。そう考えるとワクワクしますね

 

続いては『アニヴェルセル表参道』の見学ツアーです。

 

_F1A8992.jpg


 テーブルセッティングされた披露宴会場では、スマホで撮影する人があちこちにいました。

 

_F1A9001.jpg

 

ゆったりとくつろげるように広くつくられたホワイエは、飾られている絵が印象的

 

_F1A9010.jpg

 

これは、画家シャガールの『記念日』という作品。
恋人のサプライズプレゼントに喜び、宙に舞い上がってしまった様子が描かれています。
なんだかとてもHAPPYな気分になる絵でした

 

そして一行はついに神聖なチャペルへ。

 

_F1A9025.jpg


扉が開いた瞬間、目の前にまっすぐ伸びるロイヤルブルーのバージンロード。
女子のみなさんは、思わず目をキラキラさせています


チャペルの中と外で記念撮影もしっかりさせていただきました

 

_F1A9035.jpg

_F1A9047.jpg

 

 

見学ツアーの後は、デザートビュッフェが用意されていました。
なんと、いろとりどりのスイーツが食べ放題

 

_F1A9096.jpg

_F1A9094.jpg

_F1A9102.jpg


そのなかには、併設のカフェでも人気のロールケーキもありました

 

_F1A9095.jpg


プレスクールに参加したみなさんに味の感想を聞くと、
「ロールケーキのスポンジがモチモチしていておいしい!」
と驚いている様子。

 

_F1A9177.jpg

_F1A9157.jpg

 

パティシエ長の長澤さんいわく、シュー生地にメレンゲを混ぜてフワモチの食感に仕上げているそうです。

まさに、プロのこだわりの逸品ですね

 

デザートビュッフェのタイミングでは、長澤さんや工藤さんに質問する人の姿も。

 

_F1A9206.jpg


プロの技について知ることができる貴重な時間となりました

 

最後に、プレスクールのみなさんが、夢や熱い思いを発表してくれました。

 

「将来に向けて、学校生活の1日1日を充実させたい!」
「人を笑顔にできるお菓子をつくりたい!」
「お菓子づくりを趣味で終わらせたくない!」

 

_F1A9201.jpg

_F1A9184.jpg

 

みなさんの言葉からは、熱く、まっすぐな気持ちが伝わってきました


プレスクールでは、次の日から先輩と一緒にウエディングケーキづくりにも挑戦します。
動き出した夢に向かって、その心のままに走り始めてほしいと思います

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報